実践相場格言717句

 腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず

相場は思い通りに行かないことがしょっちゅう起こります。
するとその都度ストレスを感じます。
捨て鉢にもなれば、癇癪も起きます。
本来はクールダウンすべき場面ほど人間は何故か性急に結果を求めてヒートアップします。
そしてあとになったら自戒・後悔・反省が貨車に乗ってやってくるわけです。
「天災」と言う上方落語があります。
気の短い男が心学の話を聞きに来ると先生が「道を歩いている時に水撒きの丁稚に誤ってヒシャクいっぱいの水をかけられただけで癇癪を起すのに、何故にわか雨で体中がびしょ濡れになっても怒鳴り込んでいかないのか」と問い詰めます。
男が答えに窮すると、「腹が立ったら何事も天災と諦めなはれ、そう思たら腹も立ちますまい」と諭されます。
諦めるとは仏教用語で「理を明らかにする」と言う意味だそうです。

 五十音順 前後の格言

 初押しは買い、初戻しは売り

もちろん相場にもよりますが、最初の方で現れる押し目・戻り目は市場で結構意識されているものです。 このため比較的わかりや…(続きを読む)

 話では腹は張らぬ

もうけ話があれば儲かると言う事はないと思います。 それをうまく利益に結び付けられるだけの経験や技量などもいるでしょうし…(続きを読む)

 疾きこと風のごとし

甲州武田氏の「風林火山」の一節でしょう。 すみやかに執行すべきものは武田隊の撤兵法のように、迷わず直ちに行動するのが得…(続きを読む)

 早耳の早だおれ

情報に頼りだすとマニアックに情報を集めるようになり、そうなると情報の鮮度や両ばかりに気をとられて肝心の分析とか評価とか…(続きを読む)

 腹立ち商い致すべからず

株修羅の道と言うブログの灘株太郎の師匠の思い出の中で、灘氏が一度痛い目にあった銘柄への投資を師匠に勧められるのにためら…(続きを読む)

 孕みは放れにつけ

「孕み」とはローソク足で一本前の足跡の値幅の中に現在の足が収まっている状態を言います。 このような場合市場は「ここから…(続きを読む)

 バラを切るごとく売るべし

花屋のバラは七~八分咲きの時に切り取ったものを売っているそうです。 全開のばらを店に置いておくと売る頃に萎れてしまうか…(続きを読む)

 判断を誤ることは正常なこと

常に正しい判断が下せる人がいるとしたら、そういう人の人生は正しい判断に必要なことしか見ていないのではないかと思えます。…(続きを読む)

 判断を誤ることは正常なことだ。それを修正しないのが異常である。

相対論の巨星アインスタインは最後まで不確定性理論を否定していたそうです。 ちなみに相対論までが古典物理学で量子論からが…(続きを読む)

 万人があきれ果てたる値が出れば、高い安いの境なりけり

多くの人が戸惑うような値動きが現れたら、過熱感が迷走あるいは暴走を始めたと考えられますし、個別銘柄の相場なら業績などの…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP