実践相場格言717句

 疾きこと風のごとし

甲州武田氏の「風林火山」の一節でしょう。
すみやかに執行すべきものは武田隊の撤兵法のように、迷わず直ちに行動するのが得策と言う事だと思います。
陣をたたんで兵を引くなら相手に追いつかれるよりも早く、一刻を争う姿勢が必要です。
昔、方針がころころと変わる人がいて、それが気になりだした頃にそれをやんわり指摘したら「君子豹変す」と言ってのけられたことが有るのですが、私の考えでは優勢であっても不利を悟った瞬間に、なりふりを気にせず考えを切り替えられるような決断力と勇気を指して本来の「君子豹変」の意味の一つと言えるのではないかと思います。
気持ちの切り替えと言うのは勝負では大事なことだと思います。

 五十音順 前後の格言

 始めを慎む(終わりを慎む)

飛びついてエントリーをするような場合には気分は期待感で高揚しているはずです。 含み益があって手じまおうとしている時にも…(続きを読む)

 働き一両、考え五両

まずは身体を動かして働くことで一両を掴み、一両掴んだら今度はその一両を掴むために体が会得したことを反芻し、よく考察する…(続きを読む)

 初押しは買い

トレンドは様子見、利食い、一服と言った現象を繰り返しながら進捗してゆくものですが、相場が育ってくるにしたがって心理の中…(続きを読む)

 初押しは買い、初戻しは売り

もちろん相場にもよりますが、最初の方で現れる押し目・戻り目は市場で結構意識されているものです。 このため比較的わかりや…(続きを読む)

 話では腹は張らぬ

もうけ話があれば儲かると言う事はないと思います。 それをうまく利益に結び付けられるだけの経験や技量などもいるでしょうし…(続きを読む)

 早耳の早だおれ

情報に頼りだすとマニアックに情報を集めるようになり、そうなると情報の鮮度や両ばかりに気をとられて肝心の分析とか評価とか…(続きを読む)

 腹立ち商い致すべからず

株修羅の道と言うブログの灘株太郎の師匠の思い出の中で、灘氏が一度痛い目にあった銘柄への投資を師匠に勧められるのにためら…(続きを読む)

 腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず

相場は思い通りに行かないことがしょっちゅう起こります。 するとその都度ストレスを感じます。 捨て鉢にもなれば、癇癪も起き…(続きを読む)

 孕みは放れにつけ

「孕み」とはローソク足で一本前の足跡の値幅の中に現在の足が収まっている状態を言います。 このような場合市場は「ここから…(続きを読む)

 バラを切るごとく売るべし

花屋のバラは七~八分咲きの時に切り取ったものを売っているそうです。 全開のばらを店に置いておくと売る頃に萎れてしまうか…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP