実践相場格言717句

 働き一両、考え五両

まずは身体を動かして働くことで一両を掴み、一両掴んだら今度はその一両を掴むために体が会得したことを反芻し、よく考察することで、次に知恵で五両を稼ぐ。
身体を動かして稼いだ金よりも、頭を使う方がうまく行けば利益は大きいかもしれませんが、(人を騙すような方法でない限り)、まっとうに頭を使って稼ぐ金は、体を使って稼いだ一両の経験に支えられています。
日々の利益をしっかりつかむための働き(売買)はとても重要ですが、戦略なくして相場ではまとまった利益を出すことが難しいかもしれません。
また、有効な戦略を編み出すためには日々の堅実な売買での働きが大事なのでしょう。

 五十音順 前後の格言

 売買をせけばせくほど損をする、とくと休んで手を変えて見よ

損失が嵩んでくるとなんとかそれを取り戻そうとする焦りから不用意で性急なトレードをしてしまうものです。 利益が出せなかっ…(続きを読む)

 馬鹿と相場には勝てぬ

米相場の暴騰に苦慮した太閤秀吉が大量の米を大阪湾に捨てさせて価格の維持を目論見たものの結局失敗した時に吐いた台詞らしい…(続きを読む)

 始めから損は覚悟で相場せよ、思案過ぎれば時期を失う

とある相場師の先生が最近に凝っている自家制の梅酒を持って帰ってほしいから近くに来たら寄ってほしいと言うので立ち寄った時…(続きを読む)

 始めは処女のごとく、後には脱兎のごとく

いわゆる孫子の兵法に出てくる言葉です。 同じように見えても相場はそれぞれに思わぬアクシデントを秘めているから、その仕掛…(続きを読む)

 始めを慎む(終わりを慎む)

飛びついてエントリーをするような場合には気分は期待感で高揚しているはずです。 含み益があって手じまおうとしている時にも…(続きを読む)

 初押しは買い

トレンドは様子見、利食い、一服と言った現象を繰り返しながら進捗してゆくものですが、相場が育ってくるにしたがって心理の中…(続きを読む)

 初押しは買い、初戻しは売り

もちろん相場にもよりますが、最初の方で現れる押し目・戻り目は市場で結構意識されているものです。 このため比較的わかりや…(続きを読む)

 話では腹は張らぬ

もうけ話があれば儲かると言う事はないと思います。 それをうまく利益に結び付けられるだけの経験や技量などもいるでしょうし…(続きを読む)

 疾きこと風のごとし

甲州武田氏の「風林火山」の一節でしょう。 すみやかに執行すべきものは武田隊の撤兵法のように、迷わず直ちに行動するのが得…(続きを読む)

 早耳の早だおれ

情報に頼りだすとマニアックに情報を集めるようになり、そうなると情報の鮮度や両ばかりに気をとられて肝心の分析とか評価とか…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP