実践相場格言717句

 売買をせけばせくほど損をする、とくと休んで手を変えて見よ

損失が嵩んでくるとなんとかそれを取り戻そうとする焦りから不用意で性急なトレードをしてしまうものです。
利益が出せなかった相場と損失を出している手法を用いて「なんとかなるはずだ」と言う思い込みだけでトレードを繰り返したところで事態が改善する見込みは低い…と傍からは見ればわかるずです。
格言では、「もう辞めて手法を変えれば良い」と言っていますがおいそれと今のものに代わる手法が見つかるものでもないし、ここで時間を空ける方がその間に損失を取り戻したいと言う気が褪せて気持ち的に不利になる気がするのも人情です。
しかし新しい手法を手に入れて、再びやる気が出るまでにどれだけ時間がかかろうとも、この格言に従う方がここでドツボのトレードを続けるよりは可能性があります。

 五十音順 前後の格言

 野も山も、皆いちめんに弱気なら、あほうになって、米を買うべし

昔の米相場ではムードが売り一色になってくるとたいていそれは買いの大チャンスだったと言うことのようです。 米は必需品なの…(続きを読む)

 場味につられ売買するな

場味とは、相場の状況や雰囲気のことです。 「場味が良い」とは雰囲気も良く、利益の出しやすそうなフィーリングの相場です。 …(続きを読む)

 売買の気の安らかな安楽商い、福徳円満な駆け引きと知れ

意欲的なトレードは決して悪いことでありませんが、利益の追求がシビアに過ぎると知らず知らずのうちに、無理にウドンの橋をわ…(続きを読む)

 売買の時期は、売買の銘柄より大切

いくら良い銘柄を見つけても、「良いのを見つけた」と言うだけで手を出すわけではないと思います。 そこまでの株価の流れやそ…(続きを読む)

 売買は五分高下にてならすべし、乗も同じく五分高下なり

これはナンピンのテクニックのようです。 下げの直前の振幅に対して、およそ5%の値動きでエントリーを入れてゆくと言うことで…(続きを読む)

 馬鹿と相場には勝てぬ

米相場の暴騰に苦慮した太閤秀吉が大量の米を大阪湾に捨てさせて価格の維持を目論見たものの結局失敗した時に吐いた台詞らしい…(続きを読む)

 始めから損は覚悟で相場せよ、思案過ぎれば時期を失う

とある相場師の先生が最近に凝っている自家制の梅酒を持って帰ってほしいから近くに来たら寄ってほしいと言うので立ち寄った時…(続きを読む)

 始めは処女のごとく、後には脱兎のごとく

いわゆる孫子の兵法に出てくる言葉です。 同じように見えても相場はそれぞれに思わぬアクシデントを秘めているから、その仕掛…(続きを読む)

 始めを慎む(終わりを慎む)

飛びついてエントリーをするような場合には気分は期待感で高揚しているはずです。 含み益があって手じまおうとしている時にも…(続きを読む)

 働き一両、考え五両

まずは身体を動かして働くことで一両を掴み、一両掴んだら今度はその一両を掴むために体が会得したことを反芻し、よく考察する…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP