実践相場格言717句

 運・鈍・根


「運」を掴むには心変わりすることなく、運が訪れた時にそれを掴みとれる実力を根気よく磨くことが大事です。
「鈍」つまり周りに振り回されない冷静な気持ちを保つには、生活に追いつめられないような運と、落ち着いた気持ちを維持する根気が要ります。
「根」を貫くには運に敏感な感性と、目先の欲に踊らされない座った心が求められます。
これらの相場では重要とされる要素はそれぞれが支え合って成立していると言う意味だろうと思います。
つまりこうした重要な要素のバランスが大事でどれかに偏りすぎても危ういと言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 上長買うべし・下長売るべし

上長とは板の上方つまり売り手が厚い状態、下長とはその逆に買い注文の多い状態です。 皆が売り注文を出しているのだから、そ…(続きを読む)

 ウォール街がくしゃみをすれば、ロンドンは風邪をひく

一昔前はニューヨークがくしゃみをしたら東京が風邪をひくなどとよく言われたものです。 つまりアメリカの経済や金融市場は世…(続きを読む)

 ウォール街には二つの高い峰、事実と数字の山と心理のエベレストという二つの峰がそびえている。

人間の心理はつかみどころのないものですが、市場センチメントとか投資家のメンタルと言ったものも同様に簡単には測れないもの…(続きを読む)

 噂で買って事実で売れ

「噂」と言うのも元来あてにならないものなので、これは象徴的に言っているだけだと思いますが、銘柄などにある種の噂が流れだ…(続きを読む)

 噂で買え、ニュースで売れ

情報を基にするトレードでは、ある事柄の結果を伝えるニュースでエントリーしていたのでは手遅れだと言う意味だろうと思います…(続きを読む)

 運・鈍・根の三要素

トレーダーが備えるべき三つの心理の事です。 運はチャンスに敏感な感覚、そのチャンスを引き寄せる手法、そしてチャンスを掴…(続きを読む)

 運・鈍・根の三つのみで宝積めず

相場師には運の強さや、それを引き寄せる感性と実力、また勝者の陰で無数の敗者が場合によっては人生を諦めるような残酷な相場…(続きを読む)

 運鈍根三つのみでは財積めず、勤と倹の二うん忘れるな

「運鈍根」はトレードに大事な三つのものとして「運のよさ、あるいは運を掴む能力」「鈍=動じない気持ち、あるいは欲につられ…(続きを読む)

 エコノミストは理路整然と曲がる

経済専門家は専門性も知識も高い特別な職業です。 それだけにその見通しや予測はそれなりの裏付けとそれに基づく論理的な骨組…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP