実践相場格言717句

 売りは早かれ、買いは遅かれ

上げ相場は買い手がつくるもので、予兆や材料を見せながら行きつ戻りつ比較的ゆっくりと上昇してゆくものですが、下げ相場と言うのはたった一つの悪材料で急激に下がることが多いものです。
つまり「買いの手法の反対が売りの手法」と言うように簡単には運ばないのが相場だと言う事になります。
こうした相場の特徴に合わせて売りと買いのタイミングや判断にはメリハリを付けるべきだと言う意味でしょう。
但し買い注文は遅くても良いと言う事もないので、これは株の格言として、エグジットを売り、エントリーを買いと表現しているのかも知れません。
その場合は仕掛けは落ち着いて、仕舞は遅れることなくと言う意味になるかと思います。

 五十音順 前後の格言

 売り難きところが下がり、買い難きところが上がると知るべし

自分から見て売りにくい場面、つまり買い手がいなくなった場面の相場は間もなく下落し、逆に自分から見て買いにくい場面である…(続きを読む)

 売り方は水鳥の羽音にも怯える

これは流動性の低い相場でポジションを建てるとその決済時に(タイミングによって)受け手がいない可能性がある恐怖心を言った…(続きを読む)

 売り損ないの後悔は苦痛

「売りそこない」とはせっかく含み益が乗った玉を、欲張りが過ぎて売り惜しみしているうちに相場の反転に引っかかって損失を出…(続きを読む)

 売りたい強気、買いたい弱気

上方落語を聞いていると堂島の米相場師には「ツヨキ(強気相場専門のトレーダー)」と「ヨワキ(弱気相場専門のトレーダー)」…(続きを読む)

 売りは迅速、買いは悠然

これが株の格言なら売りはエグジット、買いはエントリーと言う事になります。 エントリーの際は慌てて飛びつくと痛い目に合う…(続きを読む)

 売り落城の高峠、阿呆になりて売りの種まけ

急激な上昇があると売りポジションを持っているトレーダーもついに諦めて踏み上げ=つまり損失覚悟の返済買い注文を入れてくる…(続きを読む)

 売れば二上がり、買や三下がり、切ってしまえば本調子

売れば値上がりし、買えば値下がりする、つまり思惑が外れた状態です。 こういう時に何とかしようとしても外れた思惑に対する…(続きを読む)

 売るべし売るべからず

「売るべし売るべからず」の「売るべし」は市場が今が売り時だと騒いでいる状態です。 一方で「売るべからず」と言っているの…(続きを読む)

 売るべし、買うべし、休むべし

一回のトレードは「仕掛け」と「仕舞い」で完結します。 つまり「売る」と言う行為と「買う」と言う行為で出来上がっているわ…(続きを読む)

 売りにくい相場は安く、売りやすい相場は高い

底値圏で、もうそろそろ限界だと思って売りをためらっているとさらに下がったり、あるいは逆にこの勢いだとまだまだ下がると思…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP