実践相場格言717句

 馬は死ぬ前に売ってしまうことだ。人生のコツは、損失を次の人に回すこと

まもなく価値のなくなりそうな株券でも、その時にもし買い手がいれば大きな打撃を受ける前にそのババを買い手に引かせることが出来ます。
先物でも、今の値段の価値はとても長く続かないと思ったら、買い手がいるうちなら間もなく価値を失うものでも他の買い手に売りつけることが出来ます。
しかし、いずれの場合でも買い手がいなくなった相場ではもはやその損失回避は手遅れです。
価値のないものを他人に掴ませて自分のリスクを回避するのが相場だと言う事でしょう。
まさか、自分の失敗の責任を他人に回すのが人生の秘訣ではないでしょうが、相場で利益を得ると言う事はその一方でその利益の穴埋めをする損失者もどこかに存在すると言う事です。
相場は博打ではありませんが、普通のビジネスと違って勝者だけが対価を得て、敗者は失うだけ、つまり敗者の失ったものが勝者の利益の正体である(ゼロサムゲーム)と言う点では博打と同じ構造だということでしょう。
市場は参加者みんなで協力して努力すれば全員が幸福になれるお花畑ではないと言うことが、「トレーダーの自己責任」と「相場師の孤独」の理由でしょう。

 五十音順 前後の格言

 イレたらしまい、投げたらしまい

「投げ」とは下落相場で、買い玉を持っている投資家が損切り覚悟の投げ売りを始ることで、株価が更に下落する状態を言います。…(続きを読む)

 陰陽はめぐりめぐりて循環す、陰極まりて陽となるなり

業績の良い大企業もやがて業態を変えあるいは凋落し、その隙間には新しい産業や企業が入り込んできて、需給に従って成長してゆ…(続きを読む)

 受けて立つが相場のコツ

自分の守備範囲のチャンスの到来を待って、トレードするのが本来の相場への取り組み方だと言う意味だと思います。 欲得づくで…(続きを読む)

 疑わしきはなにもするな

怪しい動きやどうにも理解できない動きだと感じたら、むやみに手を出すべきではないと言う事でしょう。 わからないと言う時点…(続きを読む)

 うっかり仕掛けは見切りが良策

不注意から、あるいは緩んだ気持ちに流されてつい手を出してしまったようなトレードは損失が出ていようが、少しくらい利益にな…(続きを読む)

 売り買いは腹八分

トレードは深追いすればするほど難しい技術を要するものですし、そのリスクもどんどん大きくなってゆくものです。 利乗せを欲…(続きを読む)

 売り買いは三日待て

衝動買いの一つの正体は今すぐ買わなければ、まもなく売り切れてしまうと言う強迫観念で、実は理屈抜きに手に入れたいと言う感…(続きを読む)

 売り買い休め

売り買いの単調なトレードに憑りつかれたようになってくるとやがてスランプに陥ることになると言う事だと思います。 市場的に…(続きを読む)

 売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし

資金管理と心の余裕について言っている格言だと思います。 ここがチャンスだと思っても、その自分の見立てを鵜呑みにせずに、…(続きを読む)

 売り難きところが下がり、買い難きところが上がると知るべし

自分から見て売りにくい場面、つまり買い手がいなくなった場面の相場は間もなく下落し、逆に自分から見て買いにくい場面である…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP