実践相場格言717句

 思い上がりは下り坂

相場の「思い上がり」とは「相場がわかった」と感じる心ではないかと思います。
簡単にわかるはずのないものがわかったと思うのがトレーダーの驕りと言う事だとすれば、その意味でトレーダーには相場に対する謙虚さが必要だと言う事でしょう。
値動きの理由を明かした人など世界中のどこにもいませんし、未だかつて一般の投資家の利用できるような常勝手法等と言うものは存在しません。
相場から安定的に利益を得るには「負けないトレード」を心がけるしかなく、そのためには相場の難しさを織り込んだトレードを組み立てることだと思います。
つまり、常に謙虚さを失わずに損失が出た時の対策に十分配慮することが大事だと言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 驕り商い皆向え

「驕り商い」とは地道に利益を積み上げるようなトレードではなくて、目先の勝率のよさからハイテンションになって行うようなト…(続きを読む)

 おごるなよ、円い月夜もただ一夜

相場の癖を見つけるような検証をしていると一定期間ながら、見事にある動きが、別の動きの原因になっているような現象が検出さ…(続きを読む)

 押し目の浅い銘柄は大相場

上昇相場の最中に値動きが少し戻されるのが押し目ですが、その現象があまり顕著でないようなときには、上昇機運が思いのほか堅…(続きを読む)

 押目待ちに押目なし

押し目とは上昇相場で起こる一時的な小下落のことです。 この「押し目」は上昇相場に買いを入れるチャンスと考えられています…(続きを読む)

 鬼より怖い一文新値

前回の値動きがトップを形成した後一旦下がった値段が再びトップを探るような状態を想像してください。 その後のトップが前回…(続きを読む)

 思い入れ違う時は早仕舞、行付を見るべし

本間宗久相場三昧伝にある相場心得で、「行付」とは相場動向のことです。 思惑が外れたのならその場で手じまうべきだと言う事…(続きを読む)

 思いつき商いケガのもと

トレードをやっているとあまり根拠もないのに、この相場はいけそうだと感じることが時々あります。 また、こういう相場に思い…(続きを読む)

 思いつき商い後悔の因

なかなか自分の戦略に合ったトレードの機会に恵まれない状態が続いたりすると焦れてこれだけ値下がりしているんだから、一度買…(続きを読む)

 温故知新

相場には周期性があり、類似した値動きが何度も現れることもあります。 このため、古い教えや手法の中にヒントがあったりしま…(続きを読む)

 買い遅れれば買い場待て

トレードのタイミングをもし外したら、その外したタイミングをどうにかしようなどと考えるべきではないと言う事でしょう。 逃…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP