実践相場格言717句

 大回り三年、小回り三月

昔から相場の周期は大きくは三年、中期的あるいは短期的には三ヶ月で廻るとされています。
大回り三年についてはトレーダーが大きく相場の波動を感じる心理の変化や世相の交替が起こるのが三年程度であるためではないかと考えられています。
つまり人間の心は周囲の環境に対して、三年程度で高揚と鎮静による後退の波が起こるらしいと言う事です。
また、政権人事や大きな災害のサイクルが二年から四年程度であるのも関連しているとする見方もあります。
一方で、短期的なサイクルは、事業の決算や、業績見通しのレポートが三ヶ月あるいはその倍数を基本とした単位で行われ、大きな節目である年度末や年末などが多くの事業所で共通しているケースが大きいためではないかと考えられており、また、三ヶ月毎の先物の限月や六ヶ月毎の信用取引の期限も影響している可能性があるとされますが、チャートを眺める限りは、そこに三ヶ月のサイクルがイメージできると言う感じではないように思えます。
こうした周期があるらしいと言う事は相場をやっていると後になれば気づくものですが、そのサイクル期間や節目の特徴、あるいは今がその周期のどのあたりにあるのかと言った実用的な判断に役立ちそうな尺度がないため、トレードへの応用は「それぞれの研究に期待」みたいな話になると思います。

 五十音順 前後の格言

 大きく戻す相場の下値は浅い

急落後に大きく値段を切り上げてきて戻すような状態になったら、それはいち早く買いの意欲が漲ってきている証拠なので、底をう…(続きを読む)

 大玉を張るを誇りとするなかれ

大きな注文でトレードを出来るトレーダーは実力も資金も備わっていると思えますが、大きな注文がだせること自体がトレーダーと…(続きを読む)

 大相場にはついていくべし

大相場とは市場のすべてが活況に満ちてていて出来高もこれに伴って大きく膨らんだ高騰相場のことです。 こういうめったにない…(続きを読む)

 大取りより小取り

投資戦略にしても、実践で狙う価格帯にしても、欲をかいて大きなことばかり考えずに確実に狙えるところをコツコツと重ねるよう…(続きを読む)

 大幅な値上がり直後の買い、大幅な値下がり直後の売りは、絶対にしてはならない

大きく上がれば買い目線になり、逆に大きく下がれば売り目線でトレードを捉える可能性がありますが、実際には大きな上げ下げが…(続きを読む)

 大儲けは時代の変わり目にあり

儲かる相場というのは通常ボラティリティ(変動幅・変動率)の高い相場だとされています。 一本調子で大きく上昇すれば株投資…(続きを読む)

 大もちあいは大相場

長い停滞と言うのはその間に行き場のないエネルギーが鬱積してきているので、いずれ必ず大きなトレンドが動き出すと言う意味で…(続きを読む)

 お金を愛するだけではお金持ちになれない。お金があたなを愛さなければならない。

この格言の意味は「お金に愛される人」とはどういうことなのかと言うことです。 異性の関心を引くには容姿や財力、人間として…(続きを読む)

 お金を儲けることと、それを維持することは全く別のものである

金儲けの才能と資金管理の才能はそれぞれに異なった才能である可能性があると言う事でしょう。 やたらに金を作る能力はあるの…(続きを読む)

 オカメ買いのテング売り

オカメ(鞘)とは先物市場で少し先の限月が現在より低いこと(オカメのお面の鼻が低いから)を言い、近い限月が堅調と考えられ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP