実践相場格言717句

 追い証請求はブローカー唯一の確実な助言である

ウォール街の格言です。
ネットトレードの普及する前は証券会社の担当者の情報や助言でトレードをしていたわけですが、この情報や助言は日本でもアメリカでもかなりいい加減なものだったとして語られています。
今でも証券会社は他の業界に比べると顧客を大切にする意識は低いのですが、これは自社の利益のために顧客の財布を利用すると言うその制度によるものなので、しかたのないものなのでしょう。 そうした伝統的な顧客意識が昔は今よりも露骨だったようです。
そのように顧客を躍らせるようなビジネスは、このネット時代にも対面売買にこだわる証券会社が存在し、支店を増やしていることから見ても如何に利益を上げられる方法であったかが伺えます。
そうした証券外務員の助言・情報の中で唯一正確・確実なものが、預かっている顧客の資金が枯渇した時に求める追証だと言う意味です。
逆に言えば証券会社の提供する情報のうち追証以外はほとんど当てにならないと言う意味にもとれます。

 五十音順 前後の格言

 運鈍根三つのみでは財積めず、勤と倹の二うん忘れるな

「運鈍根」はトレードに大事な三つのものとして「運のよさ、あるいは運を掴む能力」「鈍=動じない気持ち、あるいは欲につられ…(続きを読む)

 エコノミストは理路整然と曲がる

経済専門家は専門性も知識も高い特別な職業です。 それだけにその見通しや予測はそれなりの裏付けとそれに基づく論理的な骨組…(続きを読む)

 枝先に行かねば熟柿は食えぬ

美味しい実を手に入れるには時には危険なところまで身を乗り出すことも必要だと言う意味でしょうが、細い枝を利乗せの深追いに…(続きを読む)

 Fedと闘うな

FEDとは合衆国の中央銀行制度のことで、有名な組織がFRB(連邦準備制度理事会)でこれは日本で言えば日本銀行に相当します。 …(続きを読む)

 大手の商いを恐れることなかれ、ただ相場の高下と大勢を鑑みよ

大手の注文が自分の思惑に大きく矛盾しないような形で入った場合には、その注文を気にするより先に自分の相場観を大切にしろと…(続きを読む)

 大上放れ、大下放れは相場につけ

「大上放れ」「大下放れ」とはもみ合い相場からのブレイクが大きく振れて現れる状態です。 こういう時はその振れが大きいとそ…(続きを読む)

 大きく戻す相場の下値は浅い

急落後に大きく値段を切り上げてきて戻すような状態になったら、それはいち早く買いの意欲が漲ってきている証拠なので、底をう…(続きを読む)

 大玉を張るを誇りとするなかれ

大きな注文でトレードを出来るトレーダーは実力も資金も備わっていると思えますが、大きな注文がだせること自体がトレーダーと…(続きを読む)

 大相場にはついていくべし

大相場とは市場のすべてが活況に満ちてていて出来高もこれに伴って大きく膨らんだ高騰相場のことです。 こういうめったにない…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP