実践相場格言717句

 いのち金には手をつけるな

資金は限度を決めて管理をしようと言う事でしょう。
「いのちの金」とは自分の自由にしてはいけない資金の事で、文字通りの衣食住に必要な資金や、それ以外のローンの返済に充てるための資金など生活に関わるお金や、更に根拠に乏しい借金なども含まれると思います。
つまり、投資生活も含めたリセットに関わるような資金です。
このうち特にリスキーなのは不要な借金です。
融資を受けて行うビジネスは通常なら相当な見通しや見込みがあるか、もしくはかなり行き詰った終了寸前の状態で行うものであるはずです。
もし「いのちの金」に手を付けていると感じたら、一度クールダウンして置かれた状況を判断し、もう一度この場面でその必要性がどれほどあるのかを考えてみることです。

 五十音順 前後の格言

 いつとても、売り落城の高峠、恐いところを売るが極意ぞ

「売り落城の高峠」とは過熱した天井相場の事でしょう。 そう言う場面で最も有利なポイントで逆張りを仕掛けるには、まだ上が…(続きを読む)

 いつとても、買い落城の弱峠、恐いところを買うが極意ぞ

「いつとても、売り落城の高峠、恐いところを売るが極意ぞ」と言う格言に対応させたものでしょうが「落城」と言うイメージは天…(続きを読む)

 何時にても相場は動くものぞかし、保合時も心許すな

表面的な値動きが乏しい相場でも、水面下では動きがあると言う意味でしょう。 乏しい動きの中にも次の方向を探る動きがあった…(続きを読む)

 一般大衆がやる一番大きな誤りは、相場の下げている時に市場を離れることだ

先物なら上昇下降共にチャンスがあることは十分わかっていても、人間の心理として相場は上昇すると安心するし、下落すると失望…(続きを読む)

 何時も柳の下にドジョウはいない

ドジョウと言えば柳の下にいるのが常識みたいな話になっているところを見ると、経験上そういう場所でドジョウは捕獲しやすいと…(続きを読む)

 今、急成長しているからといって、将来もその勢いが続くとは限らない

珍しい品種の果物などを頂き物で貰うと、私のような貧乏性は人の集まった時にでも出そうなどと考えているうちについ痛めてしま…(続きを読む)

 意欲ある資金のみよく勝利

「意欲ある資金」を理解するには「意欲」のない資金、消極的な資金とは何かと言うことを考えてみればわかり易いと思います。 …(続きを読む)

 イレたらしまい、投げたらしまい

「投げ」とは下落相場で、買い玉を持っている投資家が損切り覚悟の投げ売りを始ることで、株価が更に下落する状態を言います。…(続きを読む)

 陰陽はめぐりめぐりて循環す、陰極まりて陽となるなり

業績の良い大企業もやがて業態を変えあるいは凋落し、その隙間には新しい産業や企業が入り込んできて、需給に従って成長してゆ…(続きを読む)

 受けて立つが相場のコツ

自分の守備範囲のチャンスの到来を待って、トレードするのが本来の相場への取り組み方だと言う意味だと思います。 欲得づくで…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/19日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP