実践相場格言717句

 いつとても、買い落城の弱峠、恐いところを買うが極意ぞ

「いつとても、売り落城の高峠、恐いところを売るが極意ぞ」と言う格言に対応させたものでしょうが「落城」と言うイメージは天井圏にはしっくりきても底値圏では違和感がある気がします。
突き崩れるのは過熱感ではなく、それが行き過ぎた悲観と言うことを考えるとイメージはかなり違ったものになるように思えます。
また、天井からの落下が比較的急激なのに対して、上昇はじわじわと行く場合も多く、「怖いところ」で買うことの優位性にもひっかかるものがあります。
トレードとしてはその「怖いところ」とトレンドの発生が確認できたところでのエントリーを比較してみて「怖いところ」のほうが「極意」と言えるほどの優位性があかどうかと言うと、これも疑問が残るところです。
意味としては人より有利なトレードをするには、他人がためらうようなタイミングでエントリーする思い切りも必要と言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 一貫性のない相場師は敗者

君子豹変す、あるいは柔軟な思考で対応、などと言う時の方針転換は、例えば利益と言う大目標が一本貫かれていて、その大目標を…(続きを読む)

 一犬虚に吠ゆれば、万犬実を云う

誰かが曖昧な情報を不用意に流しても、それがタイムリーに信憑性がありそうなものだったら、周りが何時しか真実として語りだす…(続きを読む)

 一将功なり万骨枯る

元の意味は一人の大将が名声、名誉を後世に残した裏で多くの名もない兵士が戦場で見捨てられてゆくと言った意味だと思います。…(続きを読む)

 一徹張りは貧乏神

柔軟な思考に掛けるトレードはヤバいと言う意味でしょう。 たいていの場合、頑固にスタイルを崩さないトレードには、実は簡単…(続きを読む)

 いつとても、売り落城の高峠、恐いところを売るが極意ぞ

「売り落城の高峠」とは過熱した天井相場の事でしょう。 そう言う場面で最も有利なポイントで逆張りを仕掛けるには、まだ上が…(続きを読む)

 何時にても相場は動くものぞかし、保合時も心許すな

表面的な値動きが乏しい相場でも、水面下では動きがあると言う意味でしょう。 乏しい動きの中にも次の方向を探る動きがあった…(続きを読む)

 一般大衆がやる一番大きな誤りは、相場の下げている時に市場を離れることだ

先物なら上昇下降共にチャンスがあることは十分わかっていても、人間の心理として相場は上昇すると安心するし、下落すると失望…(続きを読む)

 何時も柳の下にドジョウはいない

ドジョウと言えば柳の下にいるのが常識みたいな話になっているところを見ると、経験上そういう場所でドジョウは捕獲しやすいと…(続きを読む)

 いのち金には手をつけるな

資金は限度を決めて管理をしようと言う事でしょう。 「いのちの金」とは自分の自由にしてはいけない資金の事で、文字通りの衣…(続きを読む)

 今、急成長しているからといって、将来もその勢いが続くとは限らない

珍しい品種の果物などを頂き物で貰うと、私のような貧乏性は人の集まった時にでも出そうなどと考えているうちについ痛めてしま…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP