実践相場格言717句

 一文惜しみは天底逃し

天底は大トレンドの転換点、天底逃しとは大きなチャンスを逃がすと言うこと、ここで言う一文惜しみとはトレード毎の利乗せに拘るような状態を言うようです。
一回一回のトレードを深追いするような手法はそれ自体、裁量による部分が大きく、相当な経験と技量を要すると思いますが、戦略上は自分の力量にあった範囲で利食い損切りを行うのが基本であることを考えると、そうした手法は上級者と言えども難しいものでしょう。
さらに、そう言う難しいものの追求に気を取られていては、本当に有効なチャンスをみすみす逃してしまうと言うことだと思います。
目の前の値動きについハマってしまうような傾向のある人は、視点を据えるポイントに注意が必要と言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 一次規制に売りなし

相場の勢いが度を過ぎそうになると取引所がその過熱感を一旦クールダウンさせるために取引規制をかけてきます。 これには多く…(続きを読む)

 一度に買うは無分別

これは誰しも一度は思いあたる失敗かも知れません。 儲かりそうなチャンスだと言う気がしてくると一気に儲けようとばかりにつ…(続きを読む)

 一日の相場を考え、商いいたすはよろしからず

本気でトレードすれば実は一日一日の相場から見えるものは相当な情報量があります。 そう言うものを追っているだけでも、いろ…(続きを読む)

 一枚の紙にも表裏あり

相場では同じ要因や良く似た要因が場合によっては正反対の結果をもたらすことがあります。 風で吹き飛ばすと言う同じ現象でも…(続きを読む)

 一文惜しみの百失い

一回ごとの損失をいちいち気にするようなトレードを繰り返していては、全体としてのトレードは方針も定まらず、ドンドン崩れて…(続きを読む)

 一夜成金一夜乞食

僅かな期間に幸運だけで大金を手に入れられる可能性がないとは言えないのが相場です。 相場には一攫千金の夢があるわけです。 …(続きを読む)

 一葉落ちて天下の秋を知る

気温の変化や、日差しの変化を感じ取っていると、一枚の葉の落下で秋の到来を知るような事もあると言った意味の格言です。 夏…(続きを読む)

 一粒万倍、努力から

「イングランド銀行を潰した男」と言えばジョージ・ソロスですが、そう言う威勢の良い話を聞くとプロのトレーダーは大博打を打…(続きを読む)

 一両にこだわって 百両に泣く

目先の利益にこだわるあまり、全体の相場観や資金管理をおろそかにすることで損失を膨らませてしまうことが有ります。 目の前…(続きを読む)

 一割、二割は世の変動、三割以上は人の変動

日常要因による価格変動はたいてい通常観測される範囲に収まるものですが、そうした普通の観測値より大きな変動がある場合、人…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP