実践相場格言717句

 急ぎ商い損のもと

付け焼刃と言うか付け足し的なトレードを行うと痛い目に合うと言う格言です。
「そんなあたりまえのことはわかっとるわい」と言うお叱りの言葉もそこかしこから聞こえてきそうですが、十分わかっているような人が、目の前で出た思わぬ損失を何とか早いうちに穴埋めしたいと言った了見を起こした時がこの罠にはまるときです。
「いまのところ順調なのにこの損失が気に入らない」みたいな気持ちから損失の回収と言う事に心を奪われて行うようなトレードは大体急ぎ商いに当たるものでしょう。
あるいは安易に「逃したら悔やまれるチャンス」などと焦って手を出すのも同様です。
そういう時には冷静さにもルール順守の気持ちにも曖昧さが表面に出ているもので、ひとたびそう言う曖昧なトレードを行う事でそれ以後の自分のスタイルが崩れてしまうと言う事も起こりうることです。

 五十音順 前後の格言

 意見を聞くなら一人だけ

明確なアイディアが思い浮かんで、その作成のためにはいくつかの手法の組み合わせが必要だと最初から決めているようなケースな…(続きを読む)

 石が流れて、木の葉が沈む

普通は木の葉は水に流れ、石はその流れを弱めるものですが、相場はそんなに理屈通りには行くものではないと言う喩えとして使わ…(続きを読む)

 意思は頑固なるを要す

ビジネスでは柔軟な心や柔軟な発想と言うものも大切なので、ここで言う「頑固」は簡単に気持ちが変らないと言ったニュアンスで…(続きを読む)

 意志は強固なるを要する

物事の本質に迫るには自分自身の意思の強固さが重要です。 一週間前と今日とでは異なるような気持ちなら何かの本質に迫ること…(続きを読む)

 いずる月を待つべし、散る花を追うことなかれ

トレードでは気持ちの切り替えが大事だと言う事でしょう。 失敗をいつまでも悔やんだり、成功体験から二匹目のドジョウに気を…(続きを読む)

 意地商いは破滅の因

裏付けのない思いこみのような成功体験をいくつか重ねると、その成功に根拠がないだけに根拠のない意地が生まれたりするもので…(続きを読む)

 意地を張らずに相場を張れ

トレードには素直に行う気持ちがまず大事だと言う事だと思います。 こういう場面は逆張りだとか、こういう相場はしばらくもみ…(続きを読む)

 一運二金三度胸

運は自然に訪れる運も大事ですが、それを引き寄せる気持ち、特に運を待つ根気が大事です。 運をおろそかに考えて幸運の妄想ば…(続きを読む)

 一生涯の機会はその機会の存在中に利用せざるべからず

絶好のチャンスはそのチャンスがあるうちに利用すべきで、目の前にチャンスがあるのになおも疑いつつ迷うことは愚かなことだと…(続きを読む)

 一次規制に売りなし

相場の勢いが度を過ぎそうになると取引所がその過熱感を一旦クールダウンさせるために取引規制をかけてきます。 これには多く…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP