実践相場格言717句

 生き馬の目を抜く

「生き馬の目を抜く」とは普通に活動している馬の目ん玉を抜き取れるほどの早業のことで、油断のならない様の事だそうです。
あっという間に損失を抜き取られる可能性を秘めた、相場の油断のならない様子を例えた格言だと思います。
基本的には相場出の損失は自分で投資を決めた金額の範囲内での損失であり、自分が決断した損失に収まるものですが、もしそのタガがない状態を想像してみれば、相場の恐ろしさが更に理解できると思います。
うかうかしていると持っているもの、あるいはそれ以上のものを根こそぎやられるわけです。
自分で損失の枠を決められない相場を一度は想像してみることもその実体の理解につながるかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 アナリストの説明できない相場がおもしろい

アナリストに説明できる相場がどれほどあるのかと言う事もボヤキたいのですが、それはさておき、これはアナリストが説明に苦慮…(続きを読む)

 危ない橋も一度は渡れ

無分別に危険な投資を行えと言う意味ではないでしょう。 相場は常にリスクと背中合わせの世界です。 安全策ばかりをとっていて…(続きを読む)

 余り物に値なし

供給が需要を超えたものには買い手がつかないと言う意味です。 もちろん当たり前のことですが、相場は需給のバランスにいずれ…(続きを読む)

 余る余るは足らぬの始まり

モノ余りになってくると生産は制限され、消費の方にも無駄な消費がでることでやがて余ったものが不足する傾向があると言われて…(続きを読む)

 いかに待つかを知ること―それこそ成功の秘訣

ある歴史番組で「鳴くまで待とう」は信長で、「殺してしまえ」は性格的には家康だと言っていましたが、信長が常にトップとして…(続きを読む)

 行き過ぎもまた相場

相場の値動きは新体操のリボンのようなものです。 スティックはもう反転しているのに、リボンは勢い余って余計なところまで流…(続きを読む)

 幾回敗れるも、断じて我が成功を疑うこと勿れ

成功を信じると言うのは、ただ単に成功を祈るとか思い描くというのとは違う意味だと思います。 強い願望とその願望を動機とす…(続きを読む)

 陰極まれば陽転す

「どんなに悲しい涙でも、いつかは乾く時がくる」 これは漫才師のミヤコ喋々の「夫婦善哉」の言葉で、如何なる悲嘆であろうと…(続きを読む)

 陰の極に買いの機あり

「底を打つ」と言いますが、相場の歴史や道理から言っても、もし「底を打った」ならもうあとは上がるしかありません。 それが…(続きを読む)

 意見を聞くなら一人だけ

明確なアイディアが思い浮かんで、その作成のためにはいくつかの手法の組み合わせが必要だと最初から決めているようなケースな…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP