実践相場格言717句

 アナリストの説明できない相場がおもしろい

アナリストに説明できる相場がどれほどあるのかと言う事もボヤキたいのですが、それはさておき、これはアナリストが説明に苦慮するような動きを見せる銘柄のことを言っているのではないかと思います。
そう言う銘柄こそ要注意で、いずれチャンス方向に化ける可能性があると言う事でしょう。
通り一遍の説明がつきにくい場合、何かが起きていることだけは事実だと言う事になります。
その「何か」は多くの場合、目に見えないポテンシャルをためている「何か」である可能性が高いものです。
変った動き、説明の難しい動きにはチャンスの期待を込めて注意を払おうと言う意味でしょう。

 五十音順 前後の格言

 当たり屋につけ

儲けているトレーダーのポジショニングを真似ることで利益が出せると言う意味でしょうが、その儲けているトレーダーを見つける…(続きを読む)

 当たり屋につけ、曲がり屋に向かえ

「当たり屋」は波に乗って利益を出しているトレーダーの事で、昔からそう言う人を見つけたら同じように玉を張ってゆくと儲かる…(続きを読む)

 当たり屋につかず、曲がり屋にむかえ

非常にうまく利益を上げているトレーダーの手法をまるまる入手できたとしても、それを模倣し実践するにはやはり経験と技量、素…(続きを読む)

 当たり屋に向かえ

上手く相場に乗っている人のトレードを真似るのが効率が良いと言う格言が多いところを見ると、格言が出来た当時はそのやり方が…(続きを読む)

 当たるも相場、当たらぬも相場

打率三割の首位打者と言えども残りの七割近くは失敗しています。 つまり首位打者と言えども大多数の打席で苦い思いを繰り返し…(続きを読む)

 危ない橋も一度は渡れ

無分別に危険な投資を行えと言う意味ではないでしょう。 相場は常にリスクと背中合わせの世界です。 安全策ばかりをとっていて…(続きを読む)

 余り物に値なし

供給が需要を超えたものには買い手がつかないと言う意味です。 もちろん当たり前のことですが、相場は需給のバランスにいずれ…(続きを読む)

 余る余るは足らぬの始まり

モノ余りになってくると生産は制限され、消費の方にも無駄な消費がでることでやがて余ったものが不足する傾向があると言われて…(続きを読む)

 いかに待つかを知ること―それこそ成功の秘訣

ある歴史番組で「鳴くまで待とう」は信長で、「殺してしまえ」は性格的には家康だと言っていましたが、信長が常にトップとして…(続きを読む)

 生き馬の目を抜く

「生き馬の目を抜く」とは普通に活動している馬の目ん玉を抜き取れるほどの早業のことで、油断のならない様の事だそうです。 …(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/02日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP