実践相場格言717句

 当たり屋といわれたころから曲がり出し

当たり屋とは成績の良いトレーダーと言う事だと思います。
これは相場で相場師同士が顔を合わせていた時代に周囲から「当たり屋」と言われだしたらそろそろスランプが近いと言う意味ではないかと思いますが、周囲の声を聞くことのないネットトレーダーの場合、周りの評価を気にしない分だけ肩の力は幾分抜けているでしょうが、それでも自分が成績の安定を意識しだしたころにトレードが行き詰まったりスランプに陥る可能性はあるようです。
これはどんな仕事でも同じですが、一応仕事を覚えたころや、流れで仕事がこなせるようになった頃にモチベーションの質が変わると言う事と関係しているように思えます。
最初は知らないことを知る面白さや、利益を上げる楽しさ、失敗の苦しさとそれを糧にできた充実感などが新鮮な体験として意識されるものですが、そうした新鮮さが慣れてきて劣化した時にその劣化した感情に気付かずに、同じようにトレードに取り組むと集中力や、損得への感情的なものが微妙に違ってきていて、たとえばトレードがひとたびうまく行かなくなった時の修正の仕方などがそれまでの方法とは違ってくると言う事もありえます。
集団でやる会社の仕事と違って、孤独な環境でやるトレードではそれが大きなスランプになったりする可能性があると思います。
そう言う時期には特に、トレーダーとしてのモチベーションにはそれをひとつの大事な要素として配慮する事が必要でしょう。

 五十音順 前後の格言

 騰げは別々、下げは一緒

強気の動機は「期待」「欲」「打算」「預託」など複雑な様相を見せる場合もあるのですが、下げる動機は「悲観」だと言う事では…(続きを読む)

 朝の来ない夜はない

底値圏の低迷は長く続くことが多いので、その渦中にいるともうチャンスが来ることはないのではないだろうかと言った気になるの…(続きを読む)

 明日の事は明日案じよ

心配のタネと言うものは数えだすときりがありません。 たとえば、一時間後に電車事故に巻き込まれて死ぬかもしれませんし、昨…(続きを読む)

 頭と尻尾はくれてやれ

初心者がチャートを見て描くチャンスのイメージは、トレンドの底で買って、そのトレンドの天井で売ると言うような単純なものが…(続きを読む)

 当たり外れは世のならい

うまく行く日が続くとやはり人間なので気持ちが高揚してきてつい「自分は天才だ」とばかりに調子に乗るし、悪い日が続くと今度…(続きを読む)

 当たり屋に提灯

提灯とは他人のトレードにぶら下がる、つまりそのまねをして玉を張ることです。 昔は相場で参加者同士が顔を合わせ、ある程度…(続きを読む)

 当たり屋につけ

儲けているトレーダーのポジショニングを真似ることで利益が出せると言う意味でしょうが、その儲けているトレーダーを見つける…(続きを読む)

 当たり屋につけ、曲がり屋に向かえ

「当たり屋」は波に乗って利益を出しているトレーダーの事で、昔からそう言う人を見つけたら同じように玉を張ってゆくと儲かる…(続きを読む)

 当たり屋につかず、曲がり屋にむかえ

非常にうまく利益を上げているトレーダーの手法をまるまる入手できたとしても、それを模倣し実践するにはやはり経験と技量、素…(続きを読む)

 当たり屋に向かえ

上手く相場に乗っている人のトレードを真似るのが効率が良いと言う格言が多いところを見ると、格言が出来た当時はそのやり方が…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP