実践相場格言717句

 朝の来ない夜はない

底値圏の低迷は長く続くことが多いので、その渦中にいるともうチャンスが来ることはないのではないだろうかと言った気になるのかもしれません。
まして底値に至る過程で思わぬ痛手を負っていたりすると、底値の陰鬱なムードはチャンスへの期待感を大きく抑圧するものになるでしょう。
しかし、その場面で相場から撤退する意思がないのなら、相場のリセットに合わせて一旦気持ちをリセットし、新しい相場に対する準備をしておく必要があります。
いかに停滞が長引こうとも、相場の参加者が途切れない限り、再び相場は生まれ、それによってチャンスも生じてくるものだと言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 商いを仕掛ける時はまず損金を積むべし

「損金を積む」とは損してもいい金を作ってそれで売買を行うと言う意味ではないでしょう。 企業ではどんな事業であろうとも営…(続きを読む)

 商人に系図なし

商道は利益を得たものが生き残れる道なので、出自は二の次と言う意味でしょう。 実際のビジネスなら信用と言うものも重要なの…(続きを読む)

 悪事千里を走る

悪い材料が出たらまたたく間に相場はそれに反応してしまうと言う意味です。 つまりそのような情報を仕入れた時にはもうそれが…(続きを読む)

 上げにつれ買い玉細くすべし

これはピラミッディングと言う投資手法について述べているのではないかと思います。 買い建てた相場がその後どんどん上がりそ…(続きを読む)

 騰げは別々、下げは一緒

強気の動機は「期待」「欲」「打算」「預託」など複雑な様相を見せる場合もあるのですが、下げる動機は「悲観」だと言う事では…(続きを読む)

 明日の事は明日案じよ

心配のタネと言うものは数えだすときりがありません。 たとえば、一時間後に電車事故に巻き込まれて死ぬかもしれませんし、昨…(続きを読む)

 頭と尻尾はくれてやれ

初心者がチャートを見て描くチャンスのイメージは、トレンドの底で買って、そのトレンドの天井で売ると言うような単純なものが…(続きを読む)

 当たり外れは世のならい

うまく行く日が続くとやはり人間なので気持ちが高揚してきてつい「自分は天才だ」とばかりに調子に乗るし、悪い日が続くと今度…(続きを読む)

 当たり屋といわれたころから曲がり出し

当たり屋とは成績の良いトレーダーと言う事だと思います。 これは相場で相場師同士が顔を合わせていた時代に周囲から「当たり…(続きを読む)

 当たり屋に提灯

提灯とは他人のトレードにぶら下がる、つまりそのまねをして玉を張ることです。 昔は相場で参加者同士が顔を合わせ、ある程度…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP