実践相場格言717句

 商いを仕掛ける時はまず損金を積むべし

「損金を積む」とは損してもいい金を作ってそれで売買を行うと言う意味ではないでしょう。
企業ではどんな事業であろうとも営業に伴う損失はつきものなので、あらかじめそう言うものを損金として想定しています。
自動車メーカーが何度も大量のリコールを出しているのにビクともしないのはそう言う計算がしっかりと機能しているからでしょう。
トレードはギャンブルではないのでイチかバチかで失っても仕方ないような資金などは原則としてありません。
トレードで積む損金とは、仮にそのトレードに失敗して損失を出しても次のトレードに影響しないような元手と言う意味で、トータルな戦略から見て損失想定額として計算が成り立つ範囲内の資金を元手に回すと言うことではないかと思います。

 五十音順 前後の格言

 上がる理も、時いたらねば上がるまじ、理を非にまげて、米に従え

上昇するのが道理と思える相場でも、市場心理がついて来るまでは動かないこともあります。 「理を非にまげて」とは、機が熟し…(続きを読む)

 商いは急がず時を待て

トレードはタイミングが重要だと言います。 チャンスもタイミングです。 チャンスは無理やりつくることの出来ないもので、それ…(続きを読む)

 商いは買い手がいるうちにやれ

買い手がいるうちにと言うのは流動性と言う意味で買い手が閑散とする前にと言う意味と、直接的にその売り自体に価値がないと言…(続きを読む)

 商いは数でこなせ

ワンチャンスで大きく利益を出すような手法は効率が良いようにも思えますが、チャンスが大きいと言う事はリスクも大きく、そう…(続きを読む)

 商いは附出し大切、進み急ぐべからず

トレードは仕掛けのタイミングが大事です。 有利なポジショニングがとれれば、比較的冷静に仕舞までの相場と付き合ってゆけま…(続きを読む)

 商人に系図なし

商道は利益を得たものが生き残れる道なので、出自は二の次と言う意味でしょう。 実際のビジネスなら信用と言うものも重要なの…(続きを読む)

 悪事千里を走る

悪い材料が出たらまたたく間に相場はそれに反応してしまうと言う意味です。 つまりそのような情報を仕入れた時にはもうそれが…(続きを読む)

 上げにつれ買い玉細くすべし

これはピラミッディングと言う投資手法について述べているのではないかと思います。 買い建てた相場がその後どんどん上がりそ…(続きを読む)

 騰げは別々、下げは一緒

強気の動機は「期待」「欲」「打算」「預託」など複雑な様相を見せる場合もあるのですが、下げる動機は「悲観」だと言う事では…(続きを読む)

 朝の来ない夜はない

底値圏の低迷は長く続くことが多いので、その渦中にいるともうチャンスが来ることはないのではないだろうかと言った気になるの…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP