実践相場格言717句

 上がった相場は自らの重みで落ちる。

相場がもし需給を反映するだけのものなら予想は楽でしょう。
但し皆が楽に価格予想できるような相場は成立しないかもしれません。
相場はいつも適性値でないことがその存在理由になっているのかも知れません。
天井相場にのしかかる自らの重みはとは市場心理のことです。
この自重は好況感が前面にある時は、際立って意識されることもないでしょうが、過熱感が取沙汰される頃には加重として見え隠れしながら、先行きにのしかかってきます。
過熱感に限らず市場のセンチメントは需給バランスから常に外れた方向に相場を作る傾向があります。
そのズレのリセット欲求とそのリセットによる失望感が下落や暴落をもたらし、さらにその下落もまた行き過ぎてしまう傾向を見せます。
相場の適正値とセンチメントの生み出す乖離にはいつも加重が働いているのですが、天井のピークに達するとその重みがより市場心理にのしかかって反転すると言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 上がるのは下がる

人間には誰しも衝動と理性の共存と言う矛盾があります。 このために人間は常に過ちを繰り返すようにできています。 更に、その…(続きを読む)

 上がるべき気が尽きれば、自ずから下がるところが天性と知れ

相場を押し上げているのは実体の材料より、その相場に対する市場参加者の人気でしょう。 その人気の気力が尽きて失望感に代わ…(続きを読む)

 上がる理も、時いたらねば上がるまじ、理を非にまげて、米に従え

上昇するのが道理と思える相場でも、市場心理がついて来るまでは動かないこともあります。 「理を非にまげて」とは、機が熟し…(続きを読む)

 商いは急がず時を待て

トレードはタイミングが重要だと言います。 チャンスもタイミングです。 チャンスは無理やりつくることの出来ないもので、それ…(続きを読む)

 商いは買い手がいるうちにやれ

買い手がいるうちにと言うのは流動性と言う意味で買い手が閑散とする前にと言う意味と、直接的にその売り自体に価値がないと言…(続きを読む)

 商いは数でこなせ

ワンチャンスで大きく利益を出すような手法は効率が良いようにも思えますが、チャンスが大きいと言う事はリスクも大きく、そう…(続きを読む)

 商いは附出し大切、進み急ぐべからず

トレードは仕掛けのタイミングが大事です。 有利なポジショニングがとれれば、比較的冷静に仕舞までの相場と付き合ってゆけま…(続きを読む)

 商いを仕掛ける時はまず損金を積むべし

「損金を積む」とは損してもいい金を作ってそれで売買を行うと言う意味ではないでしょう。 企業ではどんな事業であろうとも営…(続きを読む)

 商人に系図なし

商道は利益を得たものが生き残れる道なので、出自は二の次と言う意味でしょう。 実際のビジネスなら信用と言うものも重要なの…(続きを読む)

 悪事千里を走る

悪い材料が出たらまたたく間に相場はそれに反応してしまうと言う意味です。 つまりそのような情報を仕入れた時にはもうそれが…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP