広告

弱気相場になると、株価はいつも過小評価水準をはるかに下回り、強気相場では過大評価水準をはるかに上回る

相場ではよく「過熱感」と言う表現を使いますが、「過冷感」と言う言葉もあっていいように思えます。

上昇しても、下落しても天井や底が見えるところまで来ると、その振幅の大小に関わらず、それを評価する市場心理はたいてい行き過ぎていると言うことです。

こうした行き過ぎ感は反転の兆候であり、また一旦反転したらそのポテンシャルにもなります。

常に正常な需給バランスと言うものを意識することで、この行き過ぎた心理をチャンスに代える芽をつかむべきだと言うことでしょう。

「よ」から始まるワードは、下の19項目です。

 「よ」から始まるワードは、下の19項目です。
広告
⇒弱気相場になると、株価はいつも過小評価水準をはるかに下回り、強気相場では過大評価水準をはるかに上回る

主要指標

日経平均27049.47(+178.20)
TOPIX1907.38(+19.96)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均31378.22(-60.04)
S&P5003895.39(-4.72)
NASDAQ11444.93(-79.61)
ドル/円136.28(+0.849)
FTSE1007338.73(+80.41)
ハンセン22418.97(+189.45)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告