検索したいキーワードを入力してください。

広告

寄り引け同値は分岐の前兆

寄り付きと引け値が同じになったら転換点が近いと言う意味です。

こうした形の値動きは売り買い共に方向性の決定をためらっている可能性が高いと言えます。

こう言う相場の心理が広がって市場価格に反映されだすと、そこまで続いたトレンドは終焉が向かっていると考えられます。

弱気が相場を作る

「弱気」とは売りの圧力、あるいは売りの心理の事です。「相…  記事ページ

広告

弱気相場になると、株価はいつも過小評価水準をはるかに下回り、強気相場では過大評価水準をはるかに上回る

相場ではよく「過熱感」と言う表現を使いますが、「過冷感」と…  記事ページ

濫觴軽んずるなかれ

濫觴(らんしょう)とは物事の始まりのことです。目の前の価…  記事ページ

利があればどこからかくる金の蛇、われも人もと買いの行列

相場で求める利益とは売買の見通しを建てた時点、あるいはポジ…  記事ページ

広告

理外の理

相場を論理的に語ることはまず不可能ですが、でもそこには規則…  記事ページ

利食い急ぐな、損急げ

ある程度のボリュームで含み益がある時は、あまり悠長に構えな…  記事ページ

利食い金には休養を

損失が膨らんで来ると、心に余裕のない取引をするようになりま…  記事ページ

利食い極楽、損地獄は背中合わせ

少しの判断のズレや、思わぬニュースの発生で相場の損益や方向…  記事ページ

広告

利食い腰は強く、引かれ腰は弱く

利食いで焦ってしまい、決めたルールまで待てずに仕舞うような…  記事ページ

利食い千人力

充分な利食いのタイミングでは高揚感も手伝ってついついもう少…  記事ページ

利食い千両、損きり万両

資金管理能力の事を言っています。良き利食いは確かに価値の…  記事ページ

利食いに迷わば半分仕舞え

利食いにせよ損切にせよ、それを執行すべき局面で沸き起こる迷…  記事ページ

利食いは器量

そのまま解釈すれば利食いにも才能・才覚がいると言うことにな…  記事ページ

利食い八分

目の前に利益の見通しがぶら下がって見えると、ついついもう少…  記事ページ

理屈に当たり、相場にはずれる

自分で手間暇かけて作ったり、苦労して入手したりした売買ロジ…  記事ページ

理屈上手の商い下手

松下幸之助はお客さんの嗜好・希望・声を大事にして成功したと…  記事ページ

理屈は後から貨車でくる

初心者はいろいろと相場の動きに理屈をつけて考えようとします…  記事ページ

理屈に負けて相場に勝て

幾ら優秀な理屈であろうとも、その理屈で述べられるところが現…  記事ページ

理と非の中にこもれる理外の理、米の高下の源と知れ

「理と非」とは相場のメカニズムとそのメカニズムに合わないイ…  記事ページ

利乗せは最後にやられる

利乗せとは利益が出始めた相場に対して余剰の資金を継ぎ足すよ…  記事ページ

利は七、八分

あまり欲をかきすぎるとチャンスを逃してしまうことがあります…  記事ページ

利は元にあり

少しでも有利に利食えるポジションを持つためには仕掛けるタイ…  記事ページ

利は元にあり、利は売りにあり

これはもとは一般の商売を行っていた商家で言われていた格言で…  記事ページ

利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

ツキが落ちてきたのにムキになってその落ち目の状況を挽回しよ…  記事ページ

流言飛語が市場の本性

一般投資家はアナリストや評論家の解説を参考にしようとするも…  記事ページ

漁師は潮を見る

魚を取るためには魚を目で追う必要がありますが、プロの漁師は…  記事ページ

両建てはすべからず

ここで言う両建ては同じ商品を対象に売りと買いのポジションを…  記事ページ

両建ては損から外せ

相場では平常心、冷静沈着な心がものを言いますが、取り組む心…  記事ページ

理論家は理路整然と曲がるなり

なかなか誤りに気付きにくいタイプの人を指した皮肉に満ちた格…  記事ページ

類寄りて集まる意見は時遅し、その裏道を深く考え

多くの人が同じ事を言い出す、あるいは同内容の情報を頻繁に聞…  記事ページ
⇒(次の30項目)

広告
広告

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34648.89(+100.36)
S&P5004221.43(+19.81)
NASDAQ13731.66(+98.82)
ドル/円108.743(-0.323)
FTSE1007123.39(+47.22)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。