検索したいキーワードを入力してください。

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26781.68(+176.84) TOPIX:1887.30(+9.72) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:33212.96(+575.77) S&P:4158.24(+100.40) NASDAQ:12131.13(+390.48)
  • ドル円:127.102(-0.016) ロンドンFTSE:7585.46(+20.54) 香港ハンセン:20697.36(+581.16)

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26781.68(+176.84) TOPIX:1887.30(+9.72) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:33212.96(+575.77) S&P:4158.24(+100.40) NASDAQ:12131.13(+390.48)
  • ドル円:127.102(-0.016) ロンドンFTSE:7585.46(+20.54) 香港ハンセン:20697.36(+581.16)
広告

休むほど相場の極意ほかになし

相場の研究はその奥深さから探究心という人間本来の欲求を刺激してくれますし、具体的な成果として利潤が手に入ることから本当に楽しいものです。

しかし、その楽しさは四六時中相場のことばかり考え出すという精神衛生上好ましくない状態に陥る引き鉄となることがあります。

また、のめり込むと言う心の状況はやがてそれが不安や悲観にも取り憑かれるというような大変危険なことにもなりかねません。

そうしたことから、精神的なスランプなどにならないように相場から頭をきりかえられるような魅力的な気分転換の手段をあらかじめ用意しておくことも投資家としての知恵でしょう。

休むことなく相場に取り組むのは相場師として素晴らしい事にも思えますが、それは投資家としてのスランプを引き寄せていると言う側面もあるものです。スランプは相場師・投資家にとって深刻な脅威です。

幾人かの有名な相場師が一たび陥ったスランプを結局克服できずに終わっている可能性が見て取れます。

これなども頭を切り替える、あるいは気を休めることの出来なかった結果と思えます。

▲ ひとつ前のワード
「前の項目はありません。」
▼ ひとつ後のワード
上がった相場は自らの重みで落ちる。

「や」から始まるワードは、下の8項目です。

 「や」から始まるワードは、下の8項目です。
広告
⇒休むほど相場の極意ほかになし

主要指標

日経平均26781.68(+176.84)
TOPIX1887.30(+9.72)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均33212.96(+575.77)
S&P5004158.24(+100.40)
NASDAQ12131.13(+390.48)
ドル/円127.102(-0.016)
FTSE1007585.46(+20.54)
ハンセン20697.36(+581.16)

主要市場時計

お知らせ

ただいま、休日メンテナンス中です。

※一部に不具合が起こることがあります。

最近チェックした記事

広告