広告

休むとはただの休みと思うなよ、次の仕掛けのもととなるなり

相場は目の前のトレンドだけが実体ではありません。

値動きは世の中の森羅万象を映し出した鏡であり実体は実社会にあります。

相場から頭を切り離して休息する時間と言うのは相場に張り付いているときより、むしろその実体からの暗示を感じ取りやすいものです。

経済を意識するようになると、休日に訪れたレストランの食事の値段や客の入りなどの些細なからも、場合によってはヒントを得るかもしれません。

相場を完全に離れる時間を持つことの重要性は、知らず知らずのうちにそれでもって次の戦略に通じる何かを得ているという側面もあるのです。

▲ ひとつ前のワード
「前の項目はありません。」
▼ ひとつ後のワード
上がった相場は自らの重みで落ちる。

「や」から始まるワードは、下の8項目です。

 「や」から始まるワードは、下の8項目です。
広告
⇒休むとはただの休みと思うなよ、次の仕掛けのもととなるなり

主要指標

日経平均27606.46(-79.01)
TOPIX1983.97(+0.57)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均34113.16(-43.53)
S&P5004164.00(+52.92)
NASDAQ12113.78(+226.33)
ドル/円144.642(+0.172)
FTSE1007914.64(+49.93)
ハンセン21283.52(-15.18)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告