広告

安値買い下がりの株数は一、三、五の比率有効あるべし。そして資金の半分を温存すべし。

ナンピンは資金の半分までで行い、最初の枚数が1なら二回目は3、三回目は5と言う比率で行うのが良いとしています。

根拠も効果も不明ですが、それなりに長く言われている経験則から有効と思われる比率について述べたもののようです。

例えとしてナンピンは下落するに従って枚数を増やす方が効果的だが、そうした場合でも次のトレードのための資金を犠牲にするようなことをしてはならないと言う、資金管理の重要性を言っているように思えます。

ナンピンなどは結果が伴わない場合、逆境にあればあるほど、好転を夢想しつつのめりこんでしまう傾向があります。

どこかでケジメをつけないと、ズルズル行くだけで、それは投資とは言えません。

▲ ひとつ前のワード
「前の項目はありません。」
▼ ひとつ後のワード
上がった相場は自らの重みで落ちる。

「や」から始まるワードは、下の8項目です。

 「や」から始まるワードは、下の8項目です。
広告
⇒安値買い下がりの株数は一、三、五の比率有効あるべし。そして資金の半分を温存すべし。

主要指標

日経平均27049.47(+178.20)
TOPIX1907.38(+19.96)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均31525.39(+87.13)
S&P5003904.60(+4.49)
NASDAQ11511.06(-13.49)
ドル/円136.146(+0.715)
FTSE1007349.66(+91.34)
ハンセン22418.97(+189.45)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告