広告

安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考え

市場価格の水準と言うものの尺度は難しいものです。

今の価格が安い高いと言ってみても、それは一体どの水準から見て高いのか安いのかと言う事になります。

その自分が今基準としている水準とは、客観的なものではなく主観的、心理的なものかもしれません。

この場合基準として機能しそうなものは実は「需給」しかないのですが、多くの場合この実態を無視して、目の前の相場のムードを基準としてしいます。

やってしまいがちですが、ムードだけで安易に現在価格を高いとか安いと判断し、買い場、売り場の判断を下すのはそれはそれで常にリスクのあることなのです。

相場の様相と言うものは刻々と変化しており、現在の価格がどのような基準から見て高いか安いかと言う判断の材料も常に変幻しています。

▲ ひとつ前のワード
「前の項目はありません。」
▼ ひとつ後のワード
上がった相場は自らの重みで落ちる。

「や」から始まるワードは、下の8項目です。

 「や」から始まるワードは、下の8項目です。
広告
⇒安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考え

主要指標

日経平均27777.90(-448.18)
TOPIX1953.98(-32.48)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均34236.84(-158.17)
S&P5004047.57(-29.00)
NASDAQ11368.73(-113.71)
ドル/円144.642(+0.172)
FTSE1007568.79(+10.30)
ハンセン18675.35(-61.09)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告