to 相場格言・黄金律 止まっている時計でも一日に二度は当たる オレンジトゥデイ

検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

止まっている時計でも一日に二度は当たる

狂っているから針をあわせておこうなどと余計なことをしなければ、止まっている時計は一日に二度は正確な時間を指しています。

放っておくことで一日二度はあたるものを「何もなくても二度当たるのなら、少し手を加えたら四度くらいは機能しないだろうか」などとしょっちゅう針の向きを触りだすと、元々当たっていた時間も指せなくなります。

元々の二度が当たらないとなると今度はパニックを起こして触りまくって針すら壊してしまいわけのわからないことになってしまうかもしれません。

動かない時計でも二度は当たるのに、余計なことをして全然当たらなくするくらいなら、何もしない方がずっとましと言う事になります。

ほおっておけば、せっかくうまくいっているものに余計な思い付きや軽はずみな考えから不用意に介入したりしないことです。

友なき方へ行くべし

単純に「人と違うトレードをしろ」あるいは「人と同じ方向を見…  記事ページ

広告

鳥は古巣に帰り、相場も古巣に戻る

仮に値動きが戸惑うような様相を見せても、相場はそのイレギュ…  記事ページ

トレンドを友とせよ

言うまでもないことですが市場はトレンドを形成します。目の…  記事ページ

長らく保ち合った相場の岐かれに逆らうべからず

保ち合い相場ではその後の動きを決定するポテンシャルが大きく…  記事ページ

広告

泣く時は泣いて渡れ

思惑に反してトレンドが転換したような場合には、泣きを入れて…  記事ページ

鳴くまで待とうホトトギス

先日BSの歴史番組で、泣くまで待とうと言うのは信長の性格で、…  記事ページ

何事にもかからぬ前に、幾度も思案し、心によく落ち着きたる時、事を極めて勤むべし。仕懸りて後間違ありても、中程にてはやめぬがよし。腰の据わらぬことは成就せぬものなり。

仕掛けも、玉の保持も、仕舞いも腰をすえてやれと言うことでし…  記事ページ

生兵法は大怪我のもと

生兵法とはなまじっかの知識でこさえた戦略です。こう言うも…  記事ページ

広告

波高きは天底の兆し

トレンドの波動が天井や底値に近付いてくると、日中の値動きが…  記事ページ

汝自身を知れ

おもわぬ利益を手に入れると、誰しも自分自身を見失なったり、…  記事ページ

何人も見込みは百発百中するものに非ず、ただ当たること外れるより多きは、これ成功なり

相場で読みが外れることは世の習いです。思い通りの勝率でなく…  記事ページ

難平商いは怪我の因

ナンピンと言うのは上昇中の下落に対して価格が切り下がるたび…  記事ページ

難平が出来るほどの金持ちはカーネギー、モルガン、ロックフェラーの3人しかいない。しかし、彼らはそんな事をするほど愚かではない。

ナンピンを仕掛けた相場が容易に反転すれば文句はありませんが…  記事ページ

煮詰れば動機づく

一旦底値に入ると上昇のきっかけを掴むために結構長い時間停滞…  記事ページ

2×2=5-1=4

同じ結果でもそこに至るプロセスはそれぞれ異なるものです。…  記事ページ

二九の十六

ホラ吹き漫才のネタに「わしゃアメリカ、マサチューセッツ州の…  記事ページ

にくまれる仕手に提灯つけよ

思いもかけない銘柄が急騰したり急落したりするときには大量の…  記事ページ

逃げる時は迷うな

事業でもそうですが、戦争では特に現状から撤退すべきときに迷…  記事ページ

日数はケイ線に優先する

投資において市場の周期性を意識することは目の前の値動きより…  記事ページ

二度に買うべし、二度に売るべし

たった一度のチャンスにすべてをかけるようなやり方は、たまた…  記事ページ

二番底は黙って買え

下落相場で大きく底を打った後上昇に転じたものの勢いに乗りき…  記事ページ

ニュースは発表された瞬間に古臭いものとなる

耳寄りな話を聞くとそれを知っているのは自分だけ、あるいは多…  記事ページ

人気相場は深追いするな

人気はいつまでも続かないものだと言う事でしょう。特に相場…  記事ページ

人気の重みで、株価が沈む

人気が過熱してきて株価の上昇が不適正なところまで来ると、そ…  記事ページ

人気は熱しやすく、冷めやすい

市場に参加する人は儲かりそうな話に常にアンテナを張っている…  記事ページ

忍耐して時機到来を待て

知り合いの社長がFXでかなり稼いでいて、これなら銀行から金を…  記事ページ

ぬかるなよ、見切り肝心、意地張るな、損して得を取ることもある

目先の欲得から、損切りのタイミングであるにもかかわらず、何…  記事ページ

眠れぬ玉は持つな

心配でたまらないような玉なら早めに見切った方が良いと言う事…  記事ページ

念々の間怠るべからず

念々とは「一時(いっとき・ひととき)も・・・」と言う意味の…  記事ページ

野菊も咲くまでは只の草

やがて大きな利益をもたらすような有望株や人気をさらう注目株…  記事ページ
⇒(次の30項目)

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34777.76(+229.23)
S&P5004232.60(+30.98)
NASDAQ13752.23(+119.39)
ドル/円108.589(-0.477)
FTSE1007129.71(+53.54)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。

広告