検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28875.23(+0.34) TOPIX:1947.10(-2.04) JASDAQ:184.97(-0.37)
  • ダウ平均:33874.24(-71.34) S&P:4241.84(-4.60) NASDAQ:14271.73(+18.46)
  • ドル円:110.808(-0.128) ロンドンFTSE:7091.37(+17.31) 香港ハンセン:28882.46(+65.39)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28875.23(+0.34) TOPIX:1947.10(-2.04) JASDAQ:184.97(-0.37)
  • ダウ平均:33874.24(-71.34) S&P:4241.84(-4.60) NASDAQ:14271.73(+18.46)
  • ドル円:110.808(-0.128) ロンドンFTSE:7091.37(+17.31) 香港ハンセン:28882.46(+65.39)
広告

どちらのポジションを取っていようと、相場が自分に都合のいい方向に進むよう期待するのが人情である。

目の前のありのままの相場を受け入れ、それに対して適切な対処を行うことは言うほど簡単ではありません。

一たびポジションを持つと、それが有利に動くことを期待するあまり、そろそろ裏目に出ていると感じ始めてもなかなかそれを認めらる気になれなかったりします。

そういう時に脳裏には今に騎兵隊がラッパを鳴らしてインディアンを蹴散らして窮地を逆転させてくれるかのようなチャートイメージが繰り返し描かれて不安を和らげようとする妄想が始まるものです。

目の前の不都合を認めたくないと言う心理でしょうが、実はそう言う色眼鏡や未練が判断を遅らせリスクを大きくするのです。

余談ですが、映画「ラストサムライ」では白人達が日本人をインディアンと同種と見ていましたが、昔の西部劇では原住民はほぼ盗賊に仕立てられていたので、そのころの白人が日本人を見たらその最初の印象は盗賊だったわけです。

今から思えば「どちらが盗賊か、」と言う話なのですが私の見た映画の中では「シャイアン」と言う映画で初めて原住民が人間として描かれるまで、ずっと白人の自分に都合の良い解釈が続いていたわけです。

自分に都合の良い期待や解釈と言うものは一たび描いてしまうと、それを否定することで自分の大事な心の支えを否定しかねないものです。

だからどんどん頑なになってゆくのです。


  「と」から始まるワードは、下の18項目です。

主要指標

日経平均28875.23(+0.34)
TOPIX1947.10(-2.04)
JASDAQ184.97(-0.37)
ダウ平均33874.24(-71.34)
S&P5004241.84(-4.60)
NASDAQ14271.73(+18.46)
ドル/円110.808(-0.128)
FTSE1007091.37(+17.31)
ハンセン28882.46(+65.39)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告