検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • TOPIX:1892.35(-15.39) JASDAQ:178.91(-0.39)
  • ダウ平均:34060.66(-267.13) S&P:4127.83(-35.46) NASDAQ:13303.63(-75.41)
  • ドル円:108.946(+0.063) ロンドンFTSE:7034.24(+1.39) 香港ハンセン:28593.81(+399.72)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • TOPIX:1892.35(-15.39) JASDAQ:178.91(-0.39)
  • ダウ平均:34060.66(-267.13) S&P:4127.83(-35.46) NASDAQ:13303.63(-75.41)
  • ドル円:108.946(+0.063) ロンドンFTSE:7034.24(+1.39) 香港ハンセン:28593.81(+399.72)
広告

敵を知り、己を知れば、百戦して殆うからず

いわゆる孫子の兵法と言うものの一節のようです。敵を知り、己を知れば全勝、敵を知らず、己を知れば一勝一敗、敵を知らず己を知らざれば、全敗と言うのが元のフレーズのようです。

幾らなんでも一勝一敗の下りなどは象徴的な比喩ではないかと思います。

春秋戦国時代の戦場であろうとも普通の情報だけでなかなか「百戦殆うからず」とはいかないと思いますが、この格言通りの状況の再現を考え、発言者が中国人であることを考えると情報とは相手に付け入るための極秘情報の事だと思えます。

そう考えるとここで言う知るべき敵とは、株式市場の銘柄の事で、それを入手すれば「百戦殆うからず」と言うからにはここで言う情報は具体的には標的のインサイド情報です。

また、自分を知ると言う部分は手に入れた相手のインサイド情報をどこまでものにできる能力があるかと言う事でしょう。

シビアな話になってきたのでこの格言を相場用語に採用した人の意図とはズレてきているかもしれませんが、この格言の場合、額面通りに受け取ればこういう解釈になります。


  「て」から始まるワードは、下の15項目です。

主要指標

日経平均27881.90(-524.94)
TOPIX1892.35(-15.39)
JASDAQ178.91(-0.39)
ダウ平均34060.66(-267.13)
S&P5004127.83(-35.46)
NASDAQ13303.63(-75.41)
ドル/円108.946(+0.063)
FTSE1007034.24(+1.39)
ハンセン28593.81(+399.72)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告