検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29639.40(-200.31) TOPIX:2043.55(-21.00) JASDAQ:193.96(-2.31)
  • ダウ平均:34265.71(+345.87) S&P:4398.49(+44.30) NASDAQ:14870.17(+123.77)
  • ドル円:109.612(+0.410) ロンドンFTSE:7083.37(+102.39) 香港ハンセン:24221.54(+122.40)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29639.40(-200.31) TOPIX:2043.55(-21.00) JASDAQ:193.96(-2.31)
  • ダウ平均:34265.71(+345.87) S&P:4398.49(+44.30) NASDAQ:14870.17(+123.77)
  • ドル円:109.612(+0.410) ロンドンFTSE:7083.37(+102.39) 香港ハンセン:24221.54(+122.40)
広告

損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ

相場は思わぬ急変もし、また突然の反転などがしょっちゅう起こり得る世界です。

損失を目の当たりにしても、その後の希望的な反転がないとは言い切れないのが相場です。

それはどのような絶望的な相場に見えてもその可能性だけは十分にあります。

最初は単なる願望から反転を祈る気持ちが、急変・反転を何度か経験すると、それが単なる願望ではなく希望的なひとるの見解にも思えてきます。

ましてやセオリ通りに意を決して損切りした後に利益方向に反転し、早まったなどと言う思いを一度でも味わい、その印象が心に残るとなおさらです。

そう言う場面を何度か目にし、あるいは場合によっては一度でも目にすると、損切りにはその都度ためらいがついて回るようになるでしょう。

これが損切を遅らせて、リスクや損失を思わぬ水準まで膨らませてしまう一つの理由です。

なかなか理屈で納得しがたいものもあるでしょうが、理屈では放置することで希望方向に反転する確率は印象的なだけで実は僅かであり、多くは放置すると損失が膨らむばかりです。

つまり、長い相場人生の確率論的な見方を取ればどちらが利益にとって正しい方法かは明らかな答えが存在していると言う事です。

相場の「神山」とはそうした道理を心から悟ると言う事ではないかと思います。


  「そ」から始まるワードは、下の71項目です。

主要指標

日経平均29639.40(-200.31)
TOPIX2043.55(-21.00)
JASDAQ193.96(-2.31)
ダウ平均34265.71(+345.87)
S&P5004398.49(+44.30)
NASDAQ14870.17(+123.77)
ドル/円109.612(+0.410)
FTSE1007083.37(+102.39)
ハンセン24221.54(+122.40)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告