検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

下値の三本同事は買い

同事線とは寄付きと引けの値段が同じになった線です。

普通は十字線、一本線、トウバ、トンカチ、トンボ、足長同時線の六種類に分類されます。

一本線は四本値がすべて同じ、十字線は上下にヒゲの伸びたもので、足長同時線はそのヒゲが長いもの、トンボはそのうち下ヒゲノ長いもの、トウバは上ヒゲの長いもの、もしくは下ヒゲノないもの、トンカチは上ヒゲのないものを言います。

これらはどれも上にも下にも値段が定まらない、あるいは一応ヒゲを伸ばして値探りしてみたもののやはり元の値段に戻っているわけで、どれも完全に方向感を失った状態を表わしています。

ローソクのパターン分析ではこれらが一つでも現れた時点で反転の兆しではないかと考えることができますが、この格言では下値圏でこれらの同時線が三本並ぶと下落が止まったと判断できると言っているわけです。

現代の相場とこういう格言が出来た時代の相場では値動きの要因の複雑さは比較にならないので、単純にそのまま信じることはできないかもしれませんが、どんな場面であろうと同事線が現れる、あるいは連続すると言う状況は相場の停滞や転換に配慮したトレードを行う必要があると思います。

下値の三本同事は買い

事態が回復に向かう見通しがついた時が買いチャンス

知ったらしまい

知って行わざるは知らざるに同じ

失敗の損失を悔やむなその反省から大きな幸が生まれる

仕手につくのは最初だけ

自分のやったトレードから学ぼうとする人間は進歩する

自分よりも相場を知らない人の助言に従ってはならない

しまったはしまえ

重要なのは自分が信じたり考えたり期待することではなく、相場がどう動くかである。

需給はあらゆる材料に優先する

主役の投資家がどう動くかを見守れ

順ザヤ売りの逆ザヤ買い

順商内と見定めたならば、万両も一手に乗せが、智の秘密なり

順乗の空腹上がりなり、秋名月に買いの種まけ

十中六度見込みの当たる者は資産を興し得べし

順にいて逆を忘れず逆にいて己を捨てず

証券価値が最終的にいくらになるということについては、答えなどあるものではない。まさに十人十色で、専門家が十人寄れば十の違った結論ができる。

勝算がなければ戦わない

上昇に転じた相場は上昇を続け、下落に転じた相場は下落を続ける

小損失はかえって大利益になることがある

上手はあれど名人なし

勝負に神仏なし

小なるもたまれば金倉を満たす

小利大損

小利は失敗のもと

初心者にとって一番悪い教師は、少しばかり相場を知っている人である

資力相応に仕掛くべし

素人がプロに勝てるのは時間である

新社屋の建設を発表したら、その会社の株を売れ

人生でも市場でも、進んでリスクを取る者だけが報われる

新製品は流行を生み出すかも知れないが、利益は生み出さない

新値につけ

新値にはだまってつけ

辛抱する木に金がなる

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34777.76(+229.23)
S&P5004232.60(+30.98)
NASDAQ13752.23(+119.39)
ドル/円108.589(-0.477)
FTSE1007129.71(+53.54)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。

広告