検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:27641.83(-139.19) TOPIX:1931.14(-8.91) JASDAQ:186.24(+0.35)
  • ダウ平均:35116.40(+278.24) S&P:4423.23(+36.07) NASDAQ:14759.66(+78.59)
  • ドル円:109.049(-0.239) ロンドンFTSE:7105.72(+24.00) 香港ハンセン:26194.82(-40.98)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:27641.83(-139.19) TOPIX:1931.14(-8.91) JASDAQ:186.24(+0.35)
  • ダウ平均:35116.40(+278.24) S&P:4423.23(+36.07) NASDAQ:14759.66(+78.59)
  • ドル円:109.049(-0.239) ロンドンFTSE:7105.72(+24.00) 香港ハンセン:26194.82(-40.98)
広告

三位の伝

これは江戸時代の米の先物相場で本間宗久が相場の三つの要素として定義したものだそうです。

「三位」とは「旗」「風」「心」の三つと定義されているようです。

「旗」と言うくらいですから見えるもの、相場の表層、つまり値動きや相場自体の状況を言うと思います。

「風」相場に影響を与えるもの、値動きの原因・要因となるものを「吹く風・風向き」に例えているのだと思います。

つまり為替や利子などの金融環境、商品相場の天候などの事でしょう。

「心」とは市場心理、人気やブーム、過熱感などの市場のセンチメントと相場師自体の迷い不安、奢りなどの諸々の心の動きを含めた人間模様のことでしょう。

この三つが大切だと言う事はこれらのうちの一つだけを見ていても相場は理解できないということになります。

テクニカル分析を研究すると値動きだけをみて相場がわかった気になりがちですが、それだけでは他に大事なものが二つも抜けているわけです。

値動きだけでは心もとないと感じて研究を重ねた結果その要因がある程度理解できたとしても、人間の主観がある限りそれは人間らしいフィルターを掛けた状態でその要因に反応しているはずですから、見極めたつもりのカラクリも理屈通りに運ばないことが有り得るわけです。

「三位」の三つの視点で相場を捉えてようやく、それを理解するためのツールが揃うと言う事でしょう。


  「さ」から始まるワードは、下の33項目です。

主要指標

日経平均27641.83(-139.19)
TOPIX1931.14(-8.91)
JASDAQ186.24(+0.35)
ダウ平均35116.40(+278.24)
S&P5004423.23(+36.07)
NASDAQ14759.66(+78.59)
ドル/円109.049(-0.239)
FTSE1007105.72(+24.00)
ハンセン26194.82(-40.98)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告