検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

下がるも理、時至らねば下がるまじ、買い急ぎするは大たわけなり

投資を行っていると「今この相場に乗らないとチャンスを逃す」と言った脅迫観に襲われがちなものです。

そう言う人ほど、乗り遅れたと感じると他人の利益と自分の損失や利益を比較する気持ちで焦った投資行動を行うようです。

納得できる根拠もないのに、焦りからチャンスを妄想するようなトレードは長い目で見れば決して良いトレードにはなりません。

今慌てて買い急がなくても、目の前のトレンドが反転するにはそれなりの状況と言うものが伴うものです。

チャンスは一度きりではないと言うつもりで相場を大きく眺めることもしないと、無駄な動きによって自分がつぶれてしまうと言う事もありえます。

下がるも理、時至らねば下がるまじ、買い急ぎするは大たわけなり

下がる理と皆人ごとに極めたる、大小ザヤに買いの種まけ

先んずれば人を制す

下げ相場は警戒・悲観・失望・絶望の心理過程を経て底を打つ

下げの戻りは売るが街道

指値は変えるな

指値を取り消すな

指値は取り消すべからず

サヤ寄りの米に従え

産業界というものは、金を払って投資するに値する、極めて少数の一流企業と、長期保有する魅力が全くない、膨大な数の二流企業から成り立っている

三空は売り

三空踏み上げには売り向かえ

三軍の災いは狐疑(こぎ)より生ず

三猿とはすなわち見猿、言猿、聞猿の三なり

三段高下は向こう理と知れ

三平も二平もいらぬ安値段、せかず待つが大秘密なり

三位の伝

三割高下に向かえ

三割高下は向こう理と知れ

三割の利食いが六回続けば、元本は四倍に増えている

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34777.76(+229.23)
S&P5004232.60(+30.98)
NASDAQ13752.23(+119.39)
ドル/円108.589(-0.477)
FTSE1007129.71(+53.54)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。

広告