検索したいキーワードを入力してください。

広告

最良の預言者は過去なり

「預言」と言うのは一神教で特別な人が神から託された人間一般に対するメッセージで、その特別な人を「預言者」と言うそうです。

「予言」とか「予言者」とは意味が違うらしいです。

「予兆」と言う言葉がありますが、これは預言者が伝えたことが成就する際に、それが神によって行われたものであることを明確にするために事前に起こるサインとして示すものだそうです。

相場でも未来に起こることを推し量ろうとする行為を行うわけですが、ローソク足のパターン分析でも相場転換のパターンを「予兆」と呼んだりします。

当然それらは過去のローソク足を蓄積したデータから「類型」(繰り返し起こる似たパターン)として編み出されたもので、過去の相場を知ることで知りえた情報と言えます。

この過去の相場そのものを神が託したものにみなしているのがこの格言の意味でしょう。

キリスト教世界などの宇宙観では過去の類型の中に先を読むうえでピンと来るものを感じると、神の示されたものと言う捉え方をするのかも知れません。

良く歴史から学ぶと言いますが、過去の出来事を先入観なく評価できると言うことは投資家にとっては一つの才能と言えます。


  「さ」から始まるワードは、下の33項目です。

主要指標

日経平均28010.93(-953.15)
TOPIX1899.45(-47.11)
JASDAQ182.86(-2.38)
ダウ平均33290.08(-533.37)
S&P5004166.45(-55.41)
NASDAQ14030.37(-130.97)
ドル/円110.176(-0.036)
FTSE1007023.07(+5.60)
ハンセン28489.00(-312.27)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告