検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

ツキが落ちてきたのにムキになってその落ち目の状況を挽回しようとするような行動を取り始めると、大抵すでに歯車が狂ってきているものです。

相場でも人生でもことごとく読みが外れるような時もあるのですが、そういう時に向きになるとまずスランプに陥ってしまいます。

こうしたことを避けるには、資料を集めて研究したり勉強したり、あるいはいろいろと反省したりする前に、しばらく相場から離れる勇気を持つことの方が問題解決の早道です。

研究しようが勉強しようが反省しようが、その動機が今現在の負けを取り戻したいと言うものならそれは投資にとっては不純な動機と言えます。

投資は目先の利益を追求する者ではないからです。

そうした近視眼的な思いでいろいろと無理に行動を起こしてみても、ますますドツボにはなってしまう可能性は否めないのです。

何事においてもスランプが意識される時は思い切ってリセットすることが大切です。

先人はその期間を四五十日としていますが、約一月半と言う期間は精神的にも相場サイクル的にも位相が入れ替わるのに必要な期間と思われます。

利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

流言飛語が市場の本性

漁師は潮を見る

両建てはすべからず

両建ては損から外せ

理論家は理路整然と曲がるなり

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34777.76(+229.23)
S&P5004232.60(+30.98)
NASDAQ13752.23(+119.39)
ドル/円108.589(-0.477)
FTSE1007129.71(+53.54)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。

広告