検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34777.76(+229.23) S&P:4232.60(+30.98) NASDAQ:13752.23(+119.39)
  • ドル円:108.589(-0.477) ロンドンFTSE:7129.71(+53.54) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

理外の理

相場を論理的に語ることはまず不可能ですが、でもそこには規則性・法則性が明らかに存在していると感じられる…と言った印象を述べた格言だと思います。

これを逆から見ると、相場の動きには法則やトレンドを形成する理屈のようなものがどうみても存在しているが、それを解き明かすにはあまりにも人の知恵から見てイレギュラーな事象が多すぎると言うことになります。

「時としてイレギュラーな相場が(自分の見立てた)理屈からはみ出たように振る舞うが、しかし経験を積んで高所から見渡すことができるようになってみると、そこには必ず厳然として理があったらしきことが感じ取れる」ということでしょう。

そして後から理解出来たり、知識を積むことでフィーリングで現象が納得できたところで、相場では後から後から見ず知らずのイレギュラーな動きが新たに出現し、それは延々と続くのです。

つまり、人間にとって「未来」を読むと言うことは、「理外」を読むという事です。

相場を読むとは未知の未来を読もうとする行為なのです。

上級者やプロの投資家は徹底してリスク管理をしようとするものですが、「未来」とは時間軸に多様な可能性が存在する限りまず読みきれないからリスクに対する対策を取るのです。

理外の理

利食い急ぐな、損急げ

利食い金には休養を

利食い極楽、損地獄は背中合わせ

利食い腰は強く、引かれ腰は弱く

利食い千人力

利食い千両、損きり万両

利食いに迷わば半分仕舞え

利食いは器量

利食い八分

理屈に当たり、相場にはずれる

理屈上手の商い下手

理屈は後から貨車でくる

理屈に負けて相場に勝て

理と非の中にこもれる理外の理、米の高下の源と知れ

利乗せは最後にやられる

利は七、八分

利は元にあり

利は元にあり、利は売りにあり

利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

流言飛語が市場の本性

漁師は潮を見る

両建てはすべからず

両建ては損から外せ

理論家は理路整然と曲がるなり

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34777.76(+229.23)
S&P5004232.60(+30.98)
NASDAQ13752.23(+119.39)
ドル/円108.589(-0.477)
FTSE1007129.71(+53.54)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。

広告