広告

ぬかるなよ、見切り肝心、意地張るな、損して得を取ることもある

目先の欲得から、損切りのタイミングであるにもかかわらず、何とかなるのでは、とか、ひたすら好転を祈る、みたいな気持ちがぬぐいきれない間は、いろんな意味でどんどんリスクを大きくしている可能性があります。

そう言う人は「今日だけはもう少しだけ様子を見ることにしよう、ほんとに今日だけ」と言うような気持ちで実は毎度同じことをしているのかもしれません。

まさに進歩のない状態でしょう。

目先の感情にこだらず、冷静な判断でタイミングを失することなく目の前の損失を見切ることが出来るようになれば、きっと大きな目で見た損益は好転するはずです。

それが「損して得を取る」と言う事になると思います。

▲ ひとつ前のワード
「前の項目はありません。」
▼ ひとつ後のワード
上がった相場は自らの重みで落ちる。

「ぬ」から始まるワードは、他にはありません。

広告
⇒ぬかるなよ、見切り肝心、意地張るな、損して得を取ることもある

主要指標

日経平均27686.40(-199.47)
TOPIX1948.31(-1.91)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均33605.54(+9.20)
S&P5003941.26(-57.58)
NASDAQ11014.89(-225.04)
ドル/円144.642(+0.172)
FTSE1007519.40(-1.99)
ハンセン18814.82(-626.36)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告