検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34548.53(+318.19) S&P:4201.62(+34.03) NASDAQ:13632.84(+50.41)
  • ドル円:109.267(+0.201) ロンドンFTSE:7119.13(+42.96) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34548.53(+318.19) S&P:4201.62(+34.03) NASDAQ:13632.84(+50.41)
  • ドル円:109.267(+0.201) ロンドンFTSE:7119.13(+42.96) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

二番底は黙って買え

下落相場で大きく底を打った後上昇に転じたものの勢いに乗りきれず再び底を打つ状態が二番底です。

通常はこれによって悪材料や心理的な警戒感が一掃されたと考えられます。

チャート上も下落要素が出尽くしたような印象になることが多いものです。

そのため最初の大底より二番底の方があてになる反転が期待されます。

但し、「黙って買え」たのは昔の相場のことかもしれません。

二番底の確定の判断が難しい場合もあれば、もう一つあるいはもういくつか底が来る場合もあるでしょうから、一応二番底を見たら「出尽くした模様」くらいのつもりであとを見極めながらと言う事がよいと思います。

ニュースは発表された瞬間に古臭いものとなる

耳寄りな話を聞くとそれを知っているのは自分だけ、あるいは多…  記事ページ

広告

人気相場は深追いするな

人気はいつまでも続かないものだと言う事でしょう。特に相場…  記事ページ

人気の重みで、株価が沈む

人気が過熱してきて株価の上昇が不適正なところまで来ると、そ…  記事ページ

人気は熱しやすく、冷めやすい

市場に参加する人は儲かりそうな話に常にアンテナを張っている…  記事ページ

広告

忍耐して時機到来を待て

知り合いの社長がFXでかなり稼いでいて、これなら銀行から金を…  記事ページ

ぬかるなよ、見切り肝心、意地張るな、損して得を取ることもある

目先の欲得から、損切りのタイミングであるにもかかわらず、何…  記事ページ

眠れぬ玉は持つな

心配でたまらないような玉なら早めに見切った方が良いと言う事…  記事ページ

念々の間怠るべからず

念々とは「一時(いっとき・ひととき)も・・・」と言う意味の…  記事ページ

広告

野菊も咲くまでは只の草

やがて大きな利益をもたらすような有望株や人気をさらう注目株…  記事ページ

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り

トレンドが明確であれば、それに逆らうようなトレードはなかな…  記事ページ

野中の一本杉

相場が崩れて市場では連鎖的に多くの銘柄が下落している時に、…  記事ページ

登り百日、下げ十日

上昇相場はそのファクターを見極めながら、反転の芽にも敏感に…  記事ページ

野も山も、皆いちめんに弱気なら、あほうになって、米を買うべし

昔の米相場ではムードが売り一色になってくるとたいていそれは…  記事ページ

場味につられ売買するな

場味とは、相場の状況や雰囲気のことです。「場味が良い」と…  記事ページ

売買の気の安らかな安楽商い、福徳円満な駆け引きと知れ

意欲的なトレードは決して悪いことでありませんが、利益の追求…  記事ページ

売買の時期は、売買の銘柄より大切

いくら良い銘柄を見つけても、「良いのを見つけた」と言うだけ…  記事ページ

売買は五分高下にてならすべし、乗も同じく五分高下なり

これはナンピンのテクニックのようです。下げの直前の振幅に…  記事ページ

売買をせけばせくほど損をする、とくと休んで手を変えて見よ

損失が嵩んでくるとなんとかそれを取り戻そうとする焦りから不…  記事ページ

馬鹿と相場には勝てぬ

米相場の暴騰に苦慮した太閤秀吉が大量の米を大阪湾に捨てさせ…  記事ページ

始めから損は覚悟で相場せよ、思案過ぎれば時期を失う

とある相場師の先生が最近に凝っている自家制の梅酒を持って帰…  記事ページ

始めは処女のごとく、後には脱兎のごとく

いわゆる孫子の兵法に出てくる言葉です。同じように見えても…  記事ページ

始めを慎む(終わりを慎む)

飛びついてエントリーをするような場合には気分は期待感で高揚…  記事ページ

働き一両、考え五両

まずは身体を動かして働くことで一両を掴み、一両掴んだら今度…  記事ページ

初押しは買い

トレンドは様子見、利食い、一服と言った現象を繰り返しながら…  記事ページ

初押しは買い、初戻しは売り

もちろん相場にもよりますが、最初の方で現れる押し目・戻り目…  記事ページ

話では腹は張らぬ

もうけ話があれば儲かると言う事はないと思います。それをうま…  記事ページ

疾きこと風のごとし

甲州武田氏の「風林火山」の一節でしょう。すみやかに執行す…  記事ページ

早耳の早だおれ

情報に頼りだすとマニアックに情報を集めるようになり、そうな…  記事ページ

腹立ち商い致すべからず

株修羅の道と言うブログの灘株太郎の師匠の思い出の中で、灘氏…  記事ページ

腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず

相場は思い通りに行かないことがしょっちゅう起こります。す…  記事ページ
⇒(次の30項目)

広告
広告

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34548.53(+318.19)
S&P5004201.62(+34.03)
NASDAQ13632.84(+50.41)
ドル/円109.267(+0.201)
FTSE1007119.13(+42.96)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。