検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • TOPIX:1892.35(-15.39) JASDAQ:178.91(-0.39)
  • ダウ平均:34060.66(-267.13) S&P:4127.83(-35.46) NASDAQ:13303.63(-75.41)
  • ドル円:108.946(+0.063) ロンドンFTSE:7034.24(+1.39) 香港ハンセン:28593.81(+399.72)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • TOPIX:1892.35(-15.39) JASDAQ:178.91(-0.39)
  • ダウ平均:34060.66(-267.13) S&P:4127.83(-35.46) NASDAQ:13303.63(-75.41)
  • ドル円:108.946(+0.063) ロンドンFTSE:7034.24(+1.39) 香港ハンセン:28593.81(+399.72)
広告

小回り三ヶ月、大回り三年

景気循環説と言うのがありますが、それはある一定の期間ごとに景気の波が繰り返すと言う考え方です。

その循環の波は時々の事情によって大きさや周期が異なるので明確なパターンを示すわけではありませんが、およそ三年程度の周期だと言われています。

需給のサイクルや自然現象のサイクル、選挙のサイクル、政権のサイクルなどが影響している可能性はありますが、明確な相関性を示すものは未だに不明です。

また、この循環が確認できるのは事後相当期間が過ぎてからと言うことも多いので、リアルタイムにこのサイクルを利用したトレードと言うと難しいかもしれませんが、大きな波としてこうした循環を意識することで日々の現象などが何らかの変化の兆しであると言った雰囲気は感じられるかもしれませんし、それを意識することで徐々にその意識や感覚の精度が上がると言う事はあるかもしれません。

この景気循環の考え方のうち小さいものは三ヶ月とされていますが、こちらはかなり不明瞭なものである上に、企業決算や、業績見通し、発行株の状況やそれに伴う信用取引などの動きが理由と考えられており、個別の企業などのローカルで現れるサイクルとも考えられるので日経平均とか東証株価指数と言った大きな市場では三年サイクルより更にイメージしにくいものかもしれません。


  「こ」から始まるワードは、下の20項目です。

主要指標

日経平均27881.90(-524.94)
TOPIX1892.35(-15.39)
JASDAQ178.91(-0.39)
ダウ平均34060.66(-267.13)
S&P5004127.83(-35.46)
NASDAQ13303.63(-75.41)
ドル/円108.946(+0.063)
FTSE1007034.24(+1.39)
ハンセン28593.81(+399.72)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告