検索したいキーワードを入力してください。

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:30500.05(+176.71) TOPIX:2100.17(+10.01) JASDAQ:197.79(+1.41)
  • ダウ平均:33839.30(-745.58) S&P:4334.22(-98.77) NASDAQ:14663.87(-380.09)
  • ドル円:109.392(-0.530) ロンドンFTSE:6903.91(-59.73) 香港ハンセン:24099.14(-821.62)

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:30500.05(+176.71) TOPIX:2100.17(+10.01) JASDAQ:197.79(+1.41)
  • ダウ平均:33839.30(-745.58) S&P:4334.22(-98.77) NASDAQ:14663.87(-380.09)
  • ドル円:109.392(-0.530) ロンドンFTSE:6903.91(-59.73) 香港ハンセン:24099.14(-821.62)
広告

公平な賭けに必勝はない

相場では参加者すべてに対してフェアな環境が提供されているのが前提です。

実際には巨額の利益を上げているトレーダーの中には公平性を疑いたいような手法を用いているトレーダーもいると思いますが、相場と言うものの存続を考えればイタチごっこになろうとも相場は公平性を保とうと努力するものだと思います。

価格操作などは法律で禁止されていますし、特殊な超高速トレードには徐々に関係機関による規制が強化されていると思われます。

今後はいわゆるビッグデータを用いたトレードと言う必勝法に近いトレードにも規制がかかってくる可能性があります。

ビッグデータを用いたAIトレードを許せば、やがて相場は存在意義を失うことになると思われるからです。一部に必勝法が存在すれば、やがて参加者の参加意欲は削がれ、相場の価格がそれによって特定の意図を反映することは、市場としての機能を失う事に繋がります。

つまり、相場はもし必勝法が存在したなら、その時点で存在意義が失われると言う事です。

これはギャンブルに公平性が求められる理由とも共通するものだと思います。

相場の成り立ち、カラクリを考えれば、「必勝」と戦略構築は発想がまず矛盾していると言うことでしょうし、トレード商材に参加する場合でも「必勝」と言うキャッチフレーズはその時点で現実と矛盾したファンタジーであることに気付くべきだと言う事でしょう。


  「こ」から始まるワードは、下の20項目です。

主要指標

日経平均30500.05(+176.71)
TOPIX2100.17(+10.01)
JASDAQ197.79(+1.41)
ダウ平均33839.30(-745.58)
S&P5004334.22(-98.77)
NASDAQ14663.87(-380.09)
ドル/円109.392(-0.530)
FTSE1006903.91(-59.73)
ハンセン24099.14(-821.62)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告