検索したいキーワードを入力してください。

広告

機会が人を見捨てるよりも、人が機会を見捨てる方がはるかに多い

チャンスを掴み損ねているのは受け手の側の責任だと言う事でしょう。

利益の機会は相場では同じように訪れているはずですが、それは受け手の経験や技量次第でしっかり見えている場合もあればほぼ気づかれずに過ぎ去っている場合もあります。

また、それをたまたま掴んだとしても、受け手にそれを活かす技量がなければチャンスは活かしきれません。

せっかくうまい具合にチャンスを掴んで有利なポジションが建てられても最後の詰めで欲に負けて深追いしすぎたあげく取れるはずの利益を取り逃がしてしまったり、あるいは、どうにかチャンスを掴んでいるのに、計画性の無さから資金力に制約があって、ほとんど手間賃くらいの利益を上げられなかった、などなど受け手の側に十分な準備が出来ていないところにやってきたチャンスは中途半端な成果しか出せなかったり、場合によっては大失敗で終わったりもしかねないものです。

例えば会社の人事で言えば、仮に思わぬ幸運から二階級特進の部長になれたとしても、抜擢された本人が部長としての職務に手も足も出ないようならそのせっかくの出世のチャンスが活かされることはまずありません。

つまり、チャンスをしっかりつかむためには、掴み手・受け手にそれなりの準備が必要だと言う事だと思います。


  「き」から始まるワードは、下の24項目です。

主要指標

日経平均28010.93(-953.15)
TOPIX1899.45(-47.11)
JASDAQ182.86(-2.38)
ダウ平均33550.77(+260.69)
S&P5004166.45(-55.41)
NASDAQ14030.37(-130.97)
ドル/円110.211(-0.001)
FTSE1007019.21(+1.74)
ハンセン28489.00(-312.27)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告