検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34548.53(+318.19) S&P:4201.62(+34.03) NASDAQ:13632.84(+50.41)
  • ドル円:109.227(+0.161) ロンドンFTSE:7119.17(+43.00) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29357.82(+26.45) TOPIX:1933.05(+5.65) JASDAQ:186.07(+0.75)
  • ダウ平均:34548.53(+318.19) S&P:4201.62(+34.03) NASDAQ:13632.84(+50.41)
  • ドル円:109.227(+0.161) ロンドンFTSE:7119.17(+43.00) 香港ハンセン:28610.65(-26.81)
広告

後悔に二つあり

本間宗久の相場三昧伝の格言です。

一つは自分の意思と行動の結果として起きた失敗に対する後悔、そしてもう一つは何も決断できず迷っているうちにやってしまった失敗に対する後悔のことでしょう。

利食いを早まったような失敗は目的と意志から起こった判断のミスあるいは、相場の思惑が外れたミスで致し方ないものかもしれませんが、損切りする場面で欲得から曖昧な判断しか浮かばずに迷っているうちに大きな損失を出すような意思が引っ込んで感情が表に出たような状況での後悔はほとんどトレードにとって余分な無駄としか言いようのないものです。

ちゃんとしたトレードを行っていれば避けられたような後悔は心理的にも尾を引くものですし、もしそれを繰り返しているようなら、それはとても大きな問題だと言う事でしょう。

罫線は値幅見ずに日柄見よ

日柄とは前回の相場転換点からの日数のことですが、トレンドの…  記事ページ

広告

罫線は見るものでなく、読むものである

チャートは参考資料として過去のチャンスを眺めたり、あるいは…  記事ページ

罫線張りは盲目張り

メクラ張りと言っているところを見るとこれはローソク足の足形…  記事ページ

罫線屋、罫線引き引き足をだし

手描きでチャートを作成していた時代に、トレーダーがチャート…  記事ページ

広告

ケイ線を過信するな

ローソク足はかなり詳細な類型と、具体的な定義を持ちます。…  記事ページ

激水の石を漂わすに至るは勢いなり

勢いはその強さによっては動くはずのないものも動かす力がある…  記事ページ

決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな

ここで言う「相場巧者」とは「器用」にトレードができる人と言…  記事ページ

けなり売り、けなり買い、なすべからず

八木(はちぼく)虎之巻と言う江戸時代の伝授書にある言葉だそ…  記事ページ

広告

獣を追うもの、目に大山を見ず

目の前の獲物に気を取られすぎていると、獲物の置かれている状…  記事ページ

現在割安な銘柄か、将来の高成長を考慮すれば時価は割安になることが確実な銘柄だけを買え

「仕入れはとにかく安く買う」と言う事で「安く買って高く売る…  記事ページ

賢者は考えを変えるが、愚者はけっして変えない

理解力のある人は、自分の過ちや問題点の理解も早いのですが、…  記事ページ

賢者は聞き、愚者は語る

情報の有益性は当然のことながらそれを一旦見聞しないと評価で…  記事ページ

憲法に両建なし

両建てとは売り買い両方のポジションを持つことで、儲かった分…  記事ページ

現象は知らせである

何かの現象が起きる時、それが何の理由もなく単独で突然起きる…  記事ページ

幸運の女神がノックしたら、すぐにドアを開け

幸運と言うものは誰にもあるものだそうですが、自分に受け入れ…  記事ページ

幸運の女神は前髪を掴め

これは営業の研修などでも良く使われる喩え話です。福の神の…  記事ページ

後悔に二つあり。早手仕舞いは笑うてしまう後悔なり。欲に迷い手仕舞い遅れるは心痛む後悔なり。

本間宗久の相場三昧伝の格言です。「早手仕舞い」つまり判断…  記事ページ

攻撃終末点を越えたら、いかなる名将も必ず敗北する

旧日本軍の中国戦線や南方戦線戦史を見るとわかりますが、実力…  記事ページ

洪水台風買うべからず

朝鮮半島の緊張が高まれば、株価は値下がりしますが、日本の朝…  記事ページ

公平な賭けに必勝はない

相場では参加者すべてに対してフェアな環境が提供されているの…  記事ページ

極意は天井、底の次第を心得、毎日の相場に気をつくべきこと

トレンドには必ず転換点があり、相場はそれを挟んで上下動を繰…  記事ページ

国策には逆らうな

国が政策として決定することには、日本のような民主主義やアメ…  記事ページ

虎穴に入らずんば虎子を得ず

儲けのためには進んで危険なことをすべきだと言う事ではなく…  記事ページ

心動けば相場に曲がる

せっかく手間暇かけて練った戦略に従って居ても、相場の動きに…  記事ページ

心の駒に手綱許すな

相場師の心の中には暴れ馬が住んでいるそうです。この馬は、…  記事ページ

心やすい人にも株式の売買を勧めるべきではない

トレードは自己責任の世界です。この自分自身の責任と言う部…  記事ページ

小掬い商いは怪我のもと

薄い利を狙った小規模な売買なら大けがもするまいと言う考えに…  記事ページ

後手よりも先手

後手と言うのは誰かのトレードに追随するようなトレードの事で…  記事ページ

この道不案内の人は迂闊にこの商いをすべからず

簡単に言えば素養も経験も技量もなくて相場に手を出すべきでは…  記事ページ

小回り三ヶ月

回りとは「景気循環」のことでそのうちで短いものが三ヶ月で廻…  記事ページ

小回り三ヶ月、大回り三年

景気循環説と言うのがありますが、それはある一定の期間ごとに…  記事ページ

小回り三月、大回り三年

チャートに現れるようなピークボトムのサイクルはたいてい二年…  記事ページ

これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず

これは孔子の論語の一節です。「如かず(しかず)」とは「如…  記事ページ

財界の見通しより相場の足取り

影響力のありそうな経済人が何かを語ると注目したくなるのは当…  記事ページ

最後に笑う者が、最もよく笑う

これは外国のことわざです。古いことわざのようなので解釈は…  記事ページ

最後の五分間より最初の五分間

225先物の投資では10円有利なポジションがとれたことで、その後…  記事ページ

採算を買い、人気を売る

商品相場で山崎種二(以前あった山種証券の創始者?)が自分の…  記事ページ

最初の追い証の時に売れ

「最初の追証」を求められた「その時」にその後何度も追証を継…  記事ページ

最初の損は最良の損

投資において最初に大儲けをするのは決して良い事ではないと言…  記事ページ

材料が材料でなくなる時を知れ

材料とは経済や相場、企業を動かすネタ(要素)のことでしょう…  記事ページ

材料に投資せず、需給に投資せよ

経済や企業活動を説明する元ネタ的な話は日々無数に飛び交って…  記事ページ

材料のない相場は大相場

大した材料もないのにトレンドが継続している場合は大相場、つ…  記事ページ

最良の預言者は過去なり

「預言」と言うのは一神教で特別な人が神から託された人間一般…  記事ページ

材料はあとからついてくる

投資の判断材料となる情報を得ることにこだわりすぎていては、…  記事ページ

材料は後から出る

アナリストなどが市場を解説する際にいくつかの材料を並べるこ…  記事ページ

下がりっ鼻を売り、上がりっ鼻を買う

他人より相場の一歩先を読んで利益を上げるような投資手法は非…  記事ページ
⇒(次の30項目)

広告
広告

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34548.53(+318.19)
S&P5004201.62(+34.03)
NASDAQ13632.84(+50.41)
ドル/円109.227(+0.161)
FTSE1007119.17(+43.00)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。