検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28875.23(+0.34) TOPIX:1947.10(-2.04) JASDAQ:184.97(-0.37)
  • ダウ平均:33874.24(-71.34) S&P:4241.84(-4.60) NASDAQ:14271.73(+18.46)
  • ドル円:110.836(-0.100) ロンドンFTSE:7087.67(+13.61) 香港ハンセン:28882.46(+65.39)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28875.23(+0.34) TOPIX:1947.10(-2.04) JASDAQ:184.97(-0.37)
  • ダウ平均:33874.24(-71.34) S&P:4241.84(-4.60) NASDAQ:14271.73(+18.46)
  • ドル円:110.836(-0.100) ロンドンFTSE:7087.67(+13.61) 香港ハンセン:28882.46(+65.39)
広告

必ずしも市場にいる必要はない

ウォール街の格言のようです。

何らかの理由でしばらく投資を中断して再びトレードを始めた経験のある人ならわかると思いますが、どんなにブランクがあっても相場自体は相変わらず日々値動きを続けていて、戻ってきた相場にはチャンスもあれば、トレードに適さない相場もあり、また場合によっては危険な場面もあって、値動きは淡々と続いています。

厳密に言えば一定期間前に比べて様相が変わっていて、前回に比べてチャンスのフィーリングが違うと言ったことはあるかもしれませんが、原則としては同じように相場は動いています。

なのに、何故かトレードを再開してみると目の前のたった一つのチャンスに拘ったり、あるいはずっと相場を見張っていないとチャンスを逃すような強迫観念が襲ってくるものです。

多分これは景気の良いトレーダーの噂などを意識するようになると強まる傾向があるのかも知れません。

しかし、そうした話と自分のトレードを比較してなんとかチャンスを逃すまいと市場に執着することで自分のスタイルを崩してトレードが行き詰まってしまうこともあります。

つまり、目の前の相場にこだわりすぎるとスタイルを崩したり、トレンドに行き詰まったりするものです。

そうしたスランプを避けるためにも精神的な理由、資金的な理由、手法的な必要性からトレードを休んだり、思い切って相場を離れてみる必要があれば、市場を離れることは大事な充電になるかもしれません。


  「か」から始まるワードは、下の57項目です。

主要指標

日経平均28875.23(+0.34)
TOPIX1947.10(-2.04)
JASDAQ184.97(-0.37)
ダウ平均33874.24(-71.34)
S&P5004241.84(-4.60)
NASDAQ14271.73(+18.46)
ドル/円110.836(-0.100)
FTSE1007087.67(+13.61)
ハンセン28882.46(+65.39)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告