検索したいキーワードを入力してください。

広告

買い玉の引かれた時は意地はるな、戻りは少なく深手を負うなり

「買い玉の引かれた時」とは買いポジションが含み損を抱えている状態です。

つまり、建玉の思惑と反対方向に相場が動き出した状態です。

こういう時に反転を期待して、損切りをためらっていると、さらに含み損が膨らむことになると言う事です。

難しいのは、反転の可能性はゼロではなく、相場ではこういう状況が含み益に代わる可能性がある点です。

但し、痛い目にあって、経験を積むと(こういう場面では)確率的には迅速な損切りを確実に実行することが圧倒的に有利であることを理解できると思います。


  「か」から始まるワードは、下の57項目です。

主要指標

日経平均27283.59(-498.83)
TOPIX1901.08(-26.35)
JASDAQ185.39(-0.82)
ダウ平均35040.38(-44.15)
S&P5004394.29(-24.86)
NASDAQ14686.75(-91.50)
ドル/円109.741(+0.280)
FTSE1007036.43(-41.99)
ハンセン25961.03(-354.29)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告