検索したいキーワードを入力してください。

広告

普通のトレーダーは、ウォール街に来ると多くの人に相場観を聞きたがる。しかし、大半は尋ねている本人より知識はない。

今の取引はコンピュータ相手ですが、昔は取引所で直接行っていたため、ウォール街では日々参加者同士が顔を合わせたものと思われます。

相場に参加する人同士の情報交換と言っても良く言われるように90%以上の投資家がやがて撤退する運命にある人達なら、よほどの幸運がないと有益な知識を持った人に巡り合えないかもしれません。

つまり大半は有象無象のような人たちだからせいぜい分かったような気持ちになれる程度の話を拾うえるのが精一杯だろう…と言うようなニュアンスがこの格言のメインでしょう。

ただ本当にある程度の知識や技量を持ってそれなりの利益を上げている人たちも相当数いるわけで、そういう人たちの事も織り込めば次の二つの可能性も考えられます。

まず、本当に利益の上げ方を知っている人が簡単にその方法を相場で知り合った人に伝授するだろうかと言う事です。

皆が直接ウォール街で日々顔を合わせる可能性を持った人たちなら、それがあっという間に取引所やその周辺に流れると警戒して気持ちにプロテクトをかけるのが普通でしょう。

もう一つの可能性としては、運よく「利益を上げている気前の良い投資家」と知り合えた場合ですが、それがデルバート・ギャンのような情報商材の販売業者でない限り自分のノウハウを言葉にしておいそれと相手に伝授するテクニックを持っていないのではないかと言う事です。

テクニカル分析のような共通語的な部分を除けば投資法、特にテープリーディングなどは非常に私的な技法です。

またテクニカル的なパターン分析で相場を読んでいる人が、それを伝えようとしても、実績と経験を積んだ人ならそれが言葉では容易に伝えられないことを知っているはずです。

更に相手に一定の相場観がなければその伝授はかなり難しいことです。

そう言う事からやたらに人の手法を尋ねて趣味的に収集してみたところであまり得られるものはないと言う事になるかと思います。

二日新甫は荒れる

不思議な格言ですが、月の一日が休場で二日から開く相場は荒れ…  記事ページ

広告

不手合いで金が減ったと悔やむなよ、預けてあると思や済むなり

よくパチンコに負けた時にパチンコ屋には金を預けてあるだけだ…  記事ページ

ふところに、金をたやさぬ覚悟せよ、金は米釣る餌と知るべし

釣りの餌は付け替える度に確実に減って行きますから残りの状況…  記事ページ

踏み上げは売り

踏み上げとは信用相場の上昇場面で売り玉を持つ人が次々に「損…  記事ページ

広告

踏み出し第一

踏み出し(仕掛け)が結果の成否を左右すると言う意味です。…  記事ページ

冬来たりなば春遠からじ

底を打った相場に身を置いていると、暗い気持ちや周囲の暗い雰…  記事ページ

不利運の時、見切り大事なり

運がないと感じたら相場との相性や自分自身のバイオリズムなど…  記事ページ

ブルは時々儲ける。ベアも時々儲ける。だが、ホッグだけは儲からない。

ブルは牛が角を突き上げる有様(さま)で上昇相場、ベアは熊が…  記事ページ

広告

ブルとベアは稼げるが、豚は屠殺される

先物や信用相場では買いのエントリーチャンスがあるのと同様に…  記事ページ

踏んだらしまい、投げたらしまい

「投げ売り」と言いますが、買いの精算が「投げ」です。「踏…  記事ページ

分別過ぐれば、大事の合戦は成し難し

「石橋を叩いて壊す」と言う使い古された文句がありますが、ま…  記事ページ

分別も思案もいらぬ買い旬は人の捨てたる米崩れなり

相場が崩れた後の買い場は判断をする必要もないようなチャンス…  記事ページ

下手なナンピン怪我のもと

含み損を追加の注文でカバーしようとする手法をナンピンと言う…  記事ページ

下手に出て黄金を得るが上手なり、相場上手に大儲けなし

「相場上手」とは生まれながらの要領のよさで器用なトレードを…  記事ページ

棒上げは棒下げにつながる

一本調子で上げた相場は一本調子で下げてゆきやすいものだと言…  記事ページ

豊作に売りなし、凶作に買いなし

豊作とわかったときには既に価格は安く、凶作ならわかったとき…  記事ページ

誇りは破れの因

自慢のネタが有り余るほどあれば、いちいちそれを自慢してみる…  記事ページ

仏の顔、閻魔の顔も三四度

仏の顔も三度までと言うのは優しくして貰えるのも限度があると…  記事ページ

誉められる仕手は全盛の極みなり、人より先に提灯を消せ

「仕手」とはあえて低位株やボロ株に意図的に資金を入れて株価…  記事ページ

舞坂三里、乗るも馬鹿、乗らぬも馬鹿

舞坂はかつて浜名湖沿いの景勝地として知られた土地ですが、舞…  記事ページ

蒔かぬ種は生えぬ

シミュレーター(デモトレード)で練習ばかりしていても、果実…  記事ページ

曲がり屋に向かえ

「曲がり屋」とは相場で失敗を繰り返す人の事です。現代の相…  記事ページ

マグレ当りにて儲けし金は他人の金を預かったと同じ

チャンスを逃さないと言う事はただ掴むと言う事にとどまらず、…  記事ページ

負けた相場を知っている者こそ価値がある。何故ならば次回はそれを教訓とするから

負けを価値とし「次回からそれを教訓とする」とありますが、次…  記事ページ

負ける人は、なんとか負け金を払える余裕があるから負けるのである

借金であろうが生活費の赤字であろうがつぎ注込める資金がある…  記事ページ

まだはもうなり

天底の過熱感や過度な悲観では、皆がまだ上がるとか底まではも…  記事ページ

間違えて入ることを避けるのと同様に、間違えて手仕舞うことも避ける。二つながら間違いだからである。

仕掛けで見立てそこなったり心の迷いからタイミングを間違えた…  記事ページ

待ちて逃がすはよし、いら立ちて損するなかれ

慎重に取り組んでみて、心にかなうものがなくて見送るのはやむ…  記事ページ

待つは仁

「仁」とは大切にする、大事にする心を持つと言う事ではないか…  記事ページ

待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の得

向うとは「逆張り」を指す言葉のようですので、流れからしてこ…  記事ページ
⇒(次の30項目)

広告
広告

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34548.53(+318.19)
S&P5004201.62(+34.03)
NASDAQ13632.84(+50.41)
ドル/円108.745(-0.321)
FTSE1007109.35(+33.18)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。