広告

一枚の紙にも表裏あり

相場では同じ要因や良く似た要因が場合によっては正反対の結果をもたらすことがあります。

風で吹き飛ばすと言う同じ現象でも吹き飛ばされた紙は表向きになるか裏向きになるかわからないこともあると言う事です。

前回こういう材料が出た時に相場がこう動いたから今回も…、と言った単純な見方は相場では当てにならないことが多いと言う事です。

例えば近隣の国で紛争があったと言う材料が出た場合、これによって相場が一時混乱して暴落すると言う事があったとします。

しかし、次に同じことが起きた時には前回の経験からある程度リスクが見極められており、経済界の反応も二度目と言う事で織り込める範囲内に収まる可能性が高いとすれば、市場は前回と全く違う動きになる可能性もあります。

一定の経験を積むまでは、「こうなればこうなる」と言う見方には注意が必要と言う事でしょう。

「い」から始まるワードは、下の42項目です。

 「い」から始まるワードは、下の42項目です。
広告
⇒一枚の紙にも表裏あり

主要指標

日経平均28930.33(-11.81)
TOPIX1994.52(+4.02)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均33819.09(-179.95)
S&P5004258.20(-25.54)
NASDAQ12849.31(-116.03)
ドル/円136.75(+0.893)
FTSE1007568.84(+26.99)
ハンセン19773.03(+9.12)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告