経済金融辞書1178語

 当座預金(とうざよきん)

預金者が小切手や手形の支払などの決済をすることを目的とした口座のことです。
決済預金とも呼ばれます。
預金に伴う金利は付かありません。
ペイオフの対象外預金であるため、近年は本来の決済預金としての目的だけでなく、保護のための預金としても利用されることがあります。

 五十音順 前後の語句

 投機的格付け(とうきてきかくづけ)

信用リスクが一般に高いとされる信用格付けグループをさします。 具体的にはBB以下(Ba以下)の格付けを評価されているものを…(続きを読む)

 東京金融取引所(とうきょうきんゆうとりひきじょ)

日本の金融先物取引市場。 ユーロ円金利先物などを扱います。 近年では個人投資家にも人気の高いFX(外国為替証拠金取引)の取…(続きを読む)

 東京証券取引所(とうきょうしょうけんとりひきじょ)

東証、TSEとも略される日本の証券取引所。 日本における株取引においては最大の取引量を誇り、ニューヨーク証券取引所、ロンド…(続きを読む)

 当座貸越(とうざかしこし:Overdraft)

当座預金を持つ企業と銀行とが契約をすることで、預金残高(当座預金残高)を超えて一定の限度内ならば手形などを支払ってもら…(続きを読む)

 当座比率(とうざひりつ)

企業の短期債務の返済能力を示す指標です。 当座比率が高い企業ほど、手元流動性が高いと判断することができます。 企業の流動…(続きを読む)

 投資銀行(とうしぎんこう:Investment Bank)

企業の増資や社債の発行などの直接金融の引受(アンダーライティング)を主要な業務として、その財務的なアドバイスや斡旋など…(続きを読む)

 投資口価格(とうしぐちかかく)

不動産投資信託・REITの証券取引所における売買価格のことです。 株式投資における「株価」と同義。 投資法人に対する投資単位…(続きを読む)

 投資クラブ

個人投資家が少人数で資金を出し合って投資をすることです。 小口の資金を出し合う事で、それぞれが話し合って投資をしていく…(続きを読む)

 投資信託(とうししんたく:Investment Fund)

資金をポートフォリオの形で運用する基金のことです。 多数の投資家が資産運用会社に資金を信託し資産運用会社がその信託され…(続きを読む)

 投資信託振替制度(とうししんたくふりかえせいど)

投資信託の受益証券を電子化(ペーパーレス化)することにより、受益権の発生や移転、消滅などを振替口座簿と呼ばれる口座の記…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/21日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP