経済金融辞書1178語

 貯蓄から投資へ(ちょちくからとうしへ)

日本における投資教育に関する標語としてしばしば利用される言葉です。
意味としては貯蓄(銀行預金)に偏っている日本の個人金融資産のポートフォリオを株や債券、投資信託といった投資へとシフトさせるといったものです。

 五十音順 前後の語句

 調整1株益(ちょうせいひとかぶえき)

企業の収益分析を行うさいの指標の一つです。 発行済み株式総数にその時点で権利行使されうる転換社債やワラント、優先株、ス…(続きを読む)

 帳簿価格(ちょうぼかかく:Book Price)

企業の貸借対照表(バランスシート)に記載されている購入当初の資産価値のことをさします。 簿価とも呼ばれます。 (続きを読む)

 直接還元法(ちょくせつかんげんほう)

不度さんの鑑定評価価格を求める手法の一つです。 収益還元法と呼ばれる鑑定法の計算方法の一つです。 不動産から得られる純収…(続きを読む)

 直接金融(ちょくせつきんゆう)

借り手と貸し手が直接資金を融通する方法をさします。 代表的な直接金融の手段としては、債券や株式などの有価証券を企業や自…(続きを読む)

 直接利回り(ちょくせつりまわり)

債券保有者が得る収入指標の一つです。 直接利回りを求める方法は、債券保有による年間のクーポン収入を債券の市場価格で割る…(続きを読む)

 貯蓄保険料(ちょちくほけんりょう)

生命保険における保険料の中で終身保険、養老保険などの保険部分に対して、貯蓄相当として扱われる部分。 死亡保険料と異なり…(続きを読む)

 賃貸経営(ちんたいけいえい)

アパートや戸建て住宅、マンションなどを賃貸用に建築してそれを貸し出すことによる賃料収入を得るというビジネスのことです。…(続きを読む)

 追加証拠金(ついかしょうこきん)

信用取引口座の残高が委託証拠金の最低限度を下回った場合に証券会社などが取引相手に対して請求する追加の保証金のことです。…(続きを読む)

 通貨スワップ(つうかスワップ:Currency Swap)

異なる種類の通貨間におけるキャッシュフローを交換する取引のことです。 たとえば、同じ元本において得られるキャッシュフロ…(続きを読む)

 通貨バスケット制(つうかばすけっとせい)

為替レート決定方法における固定相場制の一種です。 自国の為替レートを複数の外貨レートにより決定付けるようにすることです…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/29日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP