経済金融辞書1178語

 スイッチングコスト(Switching cost)

マーケティング用語の一つです。
投資家・顧客が現在利用しているサービスや製品を別の企業が提供しているサービスや製品に乗り換えをする際に支払うコストのことです。
なお、スイッチングコストは金銭的なコストだけでなく、心理的なコストや手間によるコストなども含まれます。

 五十音順 前後の語句

 スイープサービス(Sweep Service)

自動スイープサービス、資金スイープサービスなどとも呼ばれるものです。 金融機関に預けている資金などを別の金融機関での取…(続きを読む)

 スイスオプション金融先物取引所(Soffex)

ドイツ金融先物取引所(DTB)と合併押してユーレックス氏以上(Eurex)となりました。 (続きを読む)

 スイスフラン(Swiss Franc)

スイスとリヒテンシュタイン公国の通貨。 ISO4217による国際通貨コードはCHF。 補助単位はラッペン(またはサンチーム)。 (続きを読む)

 スイス国立銀行(すいすこくりつぎんこう)

スイス連邦における中央銀行。 スイスフラン(CHF)の発行管理などを行います。 ちなみに、スイス連邦自体は一切出資しておら…(続きを読む)

 垂直的公平(すいちょくてきこうへい)

課税による所得再分配を考える上での重要な用語です。 高所得者から低所得者へ所得を再分配(一般的には税制・社会保障がその…(続きを読む)

 スイッチング(Switching)

投資信託において、ある特定のファンド同士で運用を切り替えることをさします。 通常は投資信託ごとにスイッチングが可能なフ…(続きを読む)

 水平的公平(すいへいてきこうへい)

課税における重要な概念の一つです。 垂直的公平とならび、課税の公平性を期すための考え方で、等しい担税力に対しては等しい…(続きを読む)

 スイングトレード(Swing Trading)

デイトレードをやや緩やかにした投資方法のことです。 数日から1週間程度の間、投資対象を持ち越し機を見て売却するという投資…(続きを読む)

 スーパー定期(スーパーていき)

銀行が扱っている定期預金と呼ばれるものの中でももっとも一般的な定期預金のことです。 銀行によってはそれぞれのスーパー定…(続きを読む)

 スキャルピング(Scalping)

デイトレードの一種だが、より頻繁な売買を行い、数ティック(ごくわずかな値動き)において頻繁に売買を繰り返すことにより利…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP