経済金融辞書1178語

 損益通算(そんえきつうさん)

所得課税において2種類以上の所得があり、1つ以上の所得が赤字で他の所得が黒字という場合に、それぞれの黒字の所得と赤字の所得を一定の順序に従い差し引き計算を行い、利益と損失を合算して計算することができるというものです。

 五十音順 前後の語句

 ソブリン債(Sovereign Issue)

政府系機関により発行された債券または保証をつけている債券の総称です。 政府系機関が保証していれば全てソブリン債であるが…(続きを読む)

 ソブリンシーリング(Sovereign Ceiling)

ある国の企業の信用格付はその国の政府の格付を上回ることができないという信用格付に関する考え方のことです。 たとえば、あ…(続きを読む)

 ソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)

保険業法により定められた保険会社の健全性を示す指標のことです。 支払余力とも訳されることがあります。 (続きを読む)

 ソロモン・ブラザーズ世界国債インデックス

世界の主要国における国債の総合投資利回り市場の時価総額で加重平均して指数化したものです。 主に世界債券に投資をする投資…(続きを読む)

 損益計算書(そんえきけいさんしょ:Profit and Loss Account)

P/Lとも表記される企業の計算書類の一つです。 「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」と並んで企業の財務分析における重要…(続きを読む)

 損害保険(そんがいほけん:general insurance)

略して損保とも呼ばれ、自動車保険や火災保険、船舶保険などが該当します。 これらの保険は偶然の事故により生じた損害を補償…(続きを読む)

 損切り(そんぎり)

ロスカット、ストップロスなどとも呼ばれます。 含み損が出ている投資において損が出ている状態で売却(決済)を行って損失を…(続きを読む)

 損失回避性(そんしつかいひせい)

行動経済学、行動ファイナンスにおけるモデルの一つです。 人は利益から得られる満足度よりも損失によって得る苦痛の方をより…(続きを読む)

 対顧客市場(たいこきゃくしじょう)

外為市場における取引市場。 「銀行」が商社、メーカー、事業会社、個人などと行う為替取引市場のことです。 この対顧客市場に…(続きを読む)

 第三者割当増資(だいさんしゃわりあてぞうし)

企業における資本調達方法の一種です。 特定の第三者に対して新株を引き受ける権利を与える増資法の一種です。 企業の株主資本…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/26日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP